エロペディア
「ぎなた読み」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ぎなた読みとは

ぎなた読み(ぎなたよみ)は、文章の区切りを間違えて読むこと。また、わざと文章の区切りを意図的に変えて読むことで、弁慶ぎなた式(べんけいぎなたしき)ともいう。

この言葉は、「弁慶が、なぎなたを持って」という一節を「弁慶がな、ぎなたを持って」と読み間違えた人がいたことに由来する。

いわゆる言葉遊びの一種で同様のことを意図的に行う文学上の手法として、掛詞がある。
20世紀後半までは、電文パズル電報、それ以後は「誤変換」として意図的に楽しまれている。

  [6]次へ 
◆目次

ぎなた読みとは
文学作品などでの利用例
ぎなた読みをして意味が通る例
 同音のもの
  単純に意味が異なる例
  意味が反対になる例
  文章・歌詞等の一節を誤解した例
 異音のもの
英語のぎなた読み

[5]▲上へ

◆関連ワード


肥後ずいき
風俗奇譚
森田久恵
田村総一朗
寝取られ
観月マリ
水谷ケイ
夢野ひなた
中村遊郭
痴女

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp