エロペディア
「くりいむレモン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■歴史

1984年に第1作『くりいむレモンパート1 媚・妹・Baby』(ビー・マイ・ベイビー)が発表され、次々とシリーズ化された。「美少女アニメ」とも称されるアダルトアニメの先駆けで、その起源は『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』に登場するセイラ・マスの入浴シーンを映画館でカメラに収めているアニメファンに、ビジネスとしてのヒントを得たとされる。

よく誤解されているが、本シリーズ以前にも劇画家の中島史雄が原作の作品やその他のオリジナル作品などアダルトアニメが既に数本制作されており、本シリーズが日本初の商業用アダルトアニメではない(ただし、このジャンルを一般認知させたのは事実である)。当時のオリコンのビデオチャートに同時に何本もランクインするなど大ヒットとなった。日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)を騒がせた問題作として当時話題になり、ロリコン物の起こりともなった。

本シリーズは第1作の『媚・妹・Baby』から輸出されている。販売したJVDによると「アメリカにおけるロリータ・ビデオは、相当なマーケットを構成しているが、実写でアニメものはない。その点で十分差別化されている。また、正規のルートで海外に輸出されるのも初のケース」としている。このため日本以外の海外でも話題になり、いわゆる「Hentai Anime」と称された。

初版は1作品につき1本のパッケージで販売されていたが、後に書店販売用としてセックスシーンをカットして全体の尺を半分に再編集されたものを2作品ずつ収録した『くりいむレモンjr』(大陸書房)や、セックスシーンを中心に数作ずつを纏めたクライマックス全集、廉価版の発売(大陸書房、笠倉出版社)、再度ビデオ流通用としてオリジナルと同じ内容のものを2作品収録した『ツインシリーズ』が発売された。1作目と2作目にはモザイク処理の入っていない、いわゆる裏ビデオも流通している。正規版も何回か再発売されており、修正が変更されていることがあるので、購入には注意が必要。2002年にはDVD化されたが、ビデオ版発売当時とは審査規定が変わったため、モザイクによる修正が広範囲となっている。

なお、『STAR TRAP』、『ホワイトシャドウ』、『魔人形[madol]』は北米で無修正版が発売された(日本国内では購入不可)。

一般家庭へのパソコン(特にPC-9800シリーズ)普及に伴い、1980年代には『STAR TRAP』が、1990年代には『黒猫館』、『ラルIII』、『亜美・風立ちぬ』、『エスカレーション』などがアダルトゲーム化され、発売された。

1997年に『エスカレーション』の実写版が発売され、また、2004年には亜美を主役とした作品も実写映画化された。その後は実写版で、『くりいむレモンレーベル』としてオリジナルビデオのシリーズが発売されている。

2001年から2002年にかけて、旧作のリニューアルシリーズ『新世紀くりいむレモン』が発売されたが、旧作のようなヒット作品にはなれず、2作品だけで終了となった。

2006年には一般作の新作OVAとして『くりいむレモン New Generation』が発売された。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

くりいむレモンとは
歴史
くりいむレモンシリーズ
新くりいむレモンシリーズ
くりいむレモンスペシャル
亜美・それから
漫画家シリーズ
総集編
シリーズ名無し
くりいむレモンjr
クライマックス全集
新世紀くりいむレモンシリーズ
くりいむレモン New Generation シリーズ
コンピュータゲーム
実写作品
 劇場公開
 [[オリジナルビデオ]]
  くりいむレモンレーベル
主なキャラクター
 亜美シリーズ
 エスカレーションシリーズ
 いけないマコちゃんシリーズ
 ラルシリーズ
関連作品
 ラジオ番組
 小説
 フィルムコミック
 ムック
 書籍
 ゲームブック
 TV
 未作成作品
 レモンエンジェル
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


キャバクラ
御法度_(映画)
望月るあ
一色志乃
星野瑠海
飯島麗華
鏡麗子
沢賀名
桜田由加里
姫野りむ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp