エロペディア
「ささきうずまき」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ささきうずまきとは

ささきうずまき (1978年3月16日生誕)は、AV監督。ROCKET所属。京都府出身

*2001年11月V&Rプランニング入社。
*入社間もない新人AD時代、インジャン古河監督作「ラブボイン」(2002年3月発売)の撮影中に、巨乳AVギャル・三月あん相手に23歳で童貞を喪失した。(童貞喪失場面は「V&R秘蔵集」に収録。)
*「M男でもない、変態でもない、受け男(お)監督」のキャッチフレーズで2003年7月監督デビュー。V&Rとしてはテンプルすわ以来、実に3年ぶりの社内監督となる。
*本人は否定しているが「わがままなM」という異名を持ち、V&Rプランニング時代はM性をいかしたアナーキーな作品作りが多かった。(デビュ-作では、AVギャルと実家を訪れるSEX旅行を計画するが、本番無しの手コキ発射だけの90分という作品で、社内的にパッシングの憂き目をみた。)
*V&Rプロダクツ発足後は、社風に伴い一転して明るいポップな作品作りでブレイク。現在では、AVユーザーの妄想を実現したバラエティーAVを得意としている。
*2005年度SOD大賞最優秀新人監督賞を受賞。
*2006年第1回AV OPENチャレンジステージでは「こちら!東京24区 痴女区の区役所の痴女○○課」でエントリー、3位入賞を果たした。
*次世代のAV界を担う有力若手監督として、今後の活躍が期待されている。
*2007年にV&Rプロダクツを退社。2008年に株式会社ROCKETを設立。

代表作:「もしもこんな○○があったら…」シリーズ、「時間よとまれ!」シリーズなど

  [6]次へ 
◆目次

ささきうずまきとは
作品

[5]▲上へ

◆関連ワード


桜月舞
坂本梨沙
リングギャグ
秘宝館
青木菜摘
売春
素股
菅原朱実
菅沼栄一郎
小室麻里

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp