エロペディア
「アナルセックス」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■歴史と文化

肛門性交はその体位が動物的な場合が多いこと、排泄を行う箇所を性交に使うことへの抵抗など、宗教文化や習俗と合わせて、こうした行為に不快感を抱く人が現在でも存在する。
こうした行為を、世界のいくつかの地域、文化圏ではいまだにタブー視したり、法により禁止しているところさえ残っている。

なお、男性の同性愛者(ゲイ)は常に肛門性交を行うものとの誤解もあるが、男性の同性愛者(ゲイ)のセックスは多様であり、必ずしも肛門性交が行われるとは限らない(詳しくは同性愛を参照)。


マルキ・ド・サド(サディストの語源)の著書には、自分が捕らえられた時、妻へ差し入れを頼んだ際に自分の肛門に入れる張り型を持って来るように指示し、これを独房内で自慰のために使用した記録がある。彼は娼婦に危険な媚薬を飲ませたことと肛門性交の罪により入獄させられていた。

欧米およびキリスト教文化圏
イスラム教文化圏
日本
その他

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

アナルセックスとは
特徴
生理的背景
 他の生物での例
 問題点
歴史と文化
 欧米およびキリスト教文化圏
 イスラム教文化圏
 日本
 その他
外部リンク

[5]▲上へ

◆関連ワード


女斗美
水野リカ
椎名ゆな
柚月ひかる
岡崎結由
七瀬ゆうり
澤井由奈
天奇
中居みゆ
あづき美由

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp