エロペディア
「アンドレイ・チカチーロ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■アンドレイ・チカチーロとは

place_of_birth : ウクライナ、スムスカヤ州
place_of_death : ロシア、ロストフ・ナ・ドヌ
cause of death : 銃殺による刑死
alias : 赤い切り裂き魔
motive : 性的不能・憎悪
modus operandi : 刃物による刺殺(めった刺し)・殺害後に両目や内蔵を抉り取る
number of victims : 52人
beginning year : 1978年12月22日
end year : 1990年11月20日
charge : 殺人罪
conviction : 殺人罪による死刑宣告
penalty : 死刑
status : 死没
occupation : 技師、教師、ソ連共産党員
spouse : フェーニャ・オドナチェヴァ
children : リュドミラユーリー

アンドレイ・ロマノヴィチ・チカチーロ(ロシア語:;ラテン文字表記の例:;アンドレイ・チカティロ 1936年10月16日 - 1994年2月14日)は、ウクライナ生まれの連続殺人者。ロストフの殺し屋、赤い切り裂き魔などの呼び名で知られる。1978年から1990年にかけて、おもにロシア・ソビエト連邦社会主義共和国内で52人の女子供を殺害したとして殺人罪を言い渡された(一部の犠牲者は、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国とウズベク・ソビエト社会主義共和国で殺されている)。

当時のソビエト連邦では、「連続殺人は資本主義の弊害によるものであり、この種の犯罪は存在しない」というのが公式の見解であった。チカチーロの犯罪については、民警(ソ連の文民警察組織)内部では連続殺人という認識が無く、組織立った捜査が行われなかった。チカチーロの犯行範囲は事実上ソ連全土に及んだこと、犠牲者が男女を問わなかったことで、同一犯の犯行とは考えられず、いたずらに犠牲者を増やす結果となった。最終的にはKGBの捜査介入が行なわれ、逮捕されるに至った。

以下はチカチーロの写真(他言語版)
英語版
ロシア語版
グルジア語版

  [6]次へ 
◆目次

アンドレイ・チカチーロとは
生い立ち
勃起不全
大学受験での挫折
電話工
結婚
教職
最初の殺人
殺人再開、最初の逮捕
晩年の殺人と犯罪捜査
KGBの捜査介入、殺人の終焉
勾留
裁判・処刑
後の世に影響を与えた作品
関連項目
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


AV事務所一覧
徳澤エリカ
さくらひめこ
村上涼子
唐沢美樹
小暮麻美
鼻責め
赤坂梨乃
みずき紗英
野坂なつみ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp