エロペディア
「イ・モーディ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■オリジナルの版


オリジナルの版は、銅版画家のマルカントニオ・ライモンディ によって制作された。
(彼の16枚の性交体位図は、ジュリオ・ロマーノがマントヴァに新しく建てられるフェデリーコ2世・ゴンザーガの宮殿パラッツォ・デル・テ の建築家の立場で制作した一連の性愛図に基づいている。''I Modi : the sixteen pleasures : an erotic album of the Italian renaissance / Giulio Romano ... [et al.]'' Lynne Lawnerによる編集、イタリア語からの英訳と注解。Northwestern University Press、1988年。ISBN 0-7206-0724-8 )
版画は1524年にライモンディによって発表されたが、ローマ教皇クレメンス7世によるライモンディの投獄と銅版画の複製品すべての破壊の原因となった。
(ロマーノは、それらの制作に取り組む間、詩人ピエトロ・アレティーノ が原版の絵を調べに来るまで、版画のことを知らなかった。そして彼はその後追訴されることはなかった――ライモンディとは異なる――ロマーノの絵は一般の人々に提供することが目的ではなかった。)

アレティーノはそれから、銅版画を解説するための16篇の露骨な見本を引用-「君のあそことお尻の中で、僕のが僕を幸せ気分にする、そして君も幸せで至福になる」ソネット『ソネッティ・ルッスリオーシ・ディ・ピエトロ・アレティーノ』を書いた。またライモンディを刑務所から釈放させた。
イ・モーディはその後、1527年に2度目が出版され、その時は、詩と絵画が一緒であった。歴代の教皇が再三すべての複写品を押収したにもかかわらず再現することができた性愛を扱ったテキストとイメージが初めて組み合わされた。ライモンディは、このときには投獄を免れたが、両方の出来事に対する弾圧は広範囲に行われた。大英博物館にあるわずかな数の断片を除き、残存し得たオリジナルの版はない。そして、おそらく違法に模写された姿勢「1.A」の2組の模写本を発見した は、これがオリジナル作品の1527年版であると考えている。しかし他の研究者はこの考えに異議を唱えている。 (1982年) を参照。木版画に荒っぽい描写で模写されており、1550年にヴェニスで印刷されたかつてはアルトゥーロ・トスカニーニに所有されていたが、現在は個人的コレクションに含まれている。、16の姿勢のうち15の姿勢を収録し当時の何編かの文章とともに装幀されたものが、1920年代に発見された。この版の画像は大英博物館の断片の次に逆像で現れている。当時の彫板工と木版師が習慣的に反転と反転をして彼らの版画を作らないこと、そして作品の品質が、芸術家はそうすることさえできただろうとは疑わしいものであることから、それらがオリジナルの絵からではなく1組の印刷物から模写されたことのはっきりとした証拠である。

現在ライモンディのオリジナル作品はおそらく失なわれたにもかかわらず、1550年の木版およびカラッチ版と呼ばれる印刷物(下記参照)の両方が、存続した断片とあらゆる構図と文体の箇所が一致するゆえに、少なくともすべて揃った1組が、16世紀後半まで存続し保管されていたことは間違いないようである。まったく、カラッチ版の彫板工が大英博物館の断片を見ることができ、それらから自身の作品を再構築しなかった限り、偶然であるにはあまりに類似点が多いのである。とはいえ、カラッチ版は、18枚の絵の他に口絵も含んでいる。19世紀、ジャン=フレデリック・ワルデックは、彼がメキシコのパレンケに近い修道院で見つけた『イ・モーディ』の版画から作られた模写に基づくと主張する新しい版を発行した。しかし、このような修道院がないこと、そして修道院がその蔵書にこのような文献を隠匿しそうではないことから、大英博物館の断片とカラッチ版の組み合わさったものの直接の模写であっただろう。しかし、アレティーノのソネットのテクストは残存した。




[4]前へ [6]次へ 
◆目次

イ・モーディとは
オリジナルの版
後世の版
 古典的手法
 古くからの美術との違い
内容の一覧

[5]▲上へ

◆関連ワード


前島かおり
女犯坊
眞雪ゆん
飯島愛子
秋元みり
麻生みく
松下みらの
前田香
ポニーガール
綾波あすか

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp