エロペディア
「イ・モーディ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■後世の版


宗教美術を奨励し世俗的・大衆的美術を制限する芸術家たちの働きにもかかわらず、これらの作品はトリエント公会議の影響下にも存在していた。これら作品は、パリで1798年に印刷された作品、「」によって最も有名となった。(題名の日本語訳は『アゴスティーノ・カラッチの『アレティーノ』またはエロチックな姿の概説 - カラッチの版画にちなんで - 。この有名な芸術家による』。「この有名な芸術家」とは、 (1761年 - 1809年)である)Venus Erotic Art Museum

''』という手の込んだフレスコ画を完成させた。これらの図画は、オウィディウスの『変身物語』に拠って描かれて、裸の姿を含んでいるが、(セクシャルな版画とは対照的に)露骨な表現ではない。直接メイキング・ラブを表現するよりむしろそれをほのめかしたものである。

古典的手法
古くからの美術との違い

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

イ・モーディとは
オリジナルの版
後世の版
 古典的手法
 古くからの美術との違い
内容の一覧

[5]▲上へ

◆関連ワード


さぶ_(雑誌)
UHFアニメ
冥王計画ゼオライマー
アダルトゲームと表現の規制
カジー風間
グリーンドア
ミートボール吉野
トコロテン_(アダルト)
マジックミラー号
パンチ_(AV監督)

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp