エロペディア
「オナニー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■非道徳性

西洋ではオナニーが聖書の説くところの罪にあたるかあたらないか、道徳的に許されるか許されないかなどが古来議論の的となってきた。

『旧約聖書』の神は「生めよ増やせよ地に満てよ」と人間に命じている。すなわち語源であるオナンの行為は神の意図に逆らう宗教的な反逆であるとされた。このようにユダヤ教・キリスト教にあっては性交は生殖のために神から命ぜられた行為であると位置付けられている。そのため、生殖を目的としない行為であるオナニーは売春などと同様に神の命令に背く行為とされバチカン公式ホームページ:Catechism of the Catholic Church[2352]、非道徳的であり、罪にあたるとする伝統オナニーの法的な位置づけは、完全な容認から犯罪としての扱いまで、その扱いに大きな幅があった。後者の極端な例としては、厳格なピューリタンによって拓かれた植民地時代のアメリカ コネチカット州 ニューヘイブンの開拓地で1640年代に書かれた同地の法典で、そこには「冒涜者、同性愛者、自慰者への最高刑は死刑」と書かれていた(James, Lawrence (September 15, 1997). The Rise and Fall of the British Empire. St. Martin's Griffin, 41. ISBN 978-0312169855)。があった。さらに夫婦間の性交にあっても、生殖を目的とせず快楽のためにもっぱら為される場合には宗教的罪悪感を伴うとされる。両宗教が支配的な文化では、涜神と性的快楽のイメージが強く結びついていることが他の文化との大きな違いのひとつとなっている。



ただし、オナンの罪とは、正確には生殖を目的としない射精行為でも、無駄に精液を地に漏らしたことでもなく、古代社会のレビレート婚の掟を破り、兄の未亡人に子供を与えねばならぬ義務を果たさなかったことである。おそらく時代の風潮にあわせて、オナンの罪の内実は、微妙に意味をすりかえられてきたのだろう。ゆえに、西洋の反オナニー言説を「宗教の産物」と短絡はできない。モッセによると、十八世紀以降の反オナニー言説はナショナリズムの産物である。事実、日本でも反オナニー言説は、少なくとも江戸期からあり、また、明治期には広く流布している(「日本におけるオナニーの歴史」の項参照)。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オナニーとは
語源
歴史
 非道徳性
 西洋における反オナニーの歴史
 日本における反オナニーの歴史
 貞操帯
医学的な見地
 身体的影響
 オナニーの有用性について
 オナニーの体力消費について
 オナニーの有害性について
 オナニー行動
オナニーの方法
 男性
 女性
 肛門への刺激
 道具
他の呼称
その他
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


ペドフィリア
大邱小学生集団性暴行事件
やおい
張形
ボクの番台さん
イスラーム世界の少年愛
Bejean
ラバーフェティシズム
尿道球腺液
野郎

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp