エロペディア
「オナニー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■西洋における反オナニーの歴史

ジャン・スタンジェ、アンヌ・ファン・ネック共著の「自慰」(以下、スタンジェ著「自慰」)によると、17世紀以前にはオナニーを罪とみなす宗教者の言説はあるが、オナニーそのものへの言及はさほど多くない。大した問題だとはみなされていなかったようだ。フーコーによれば西洋では「固まりミルク」と称して村の少年たちが精液の飛ばし合いっこをしていた。またスタンジェ著「自慰」によれば、16、17世紀の主流をなしていたガレノス医学では、オナニーはむしろ奨励されていた。ただし宗教者の中では、例え健康のためであっても自然に反する行為であって許されない、という意見が主流であったという。

同書によると、反オナニーが一般に流布するきっかけになったのは、1715年の「オナニア」(著者匿名)という本の出版であった。この本は1730年に第15版が、1778年には第22版が出るほどよく売れた。「オナニア」は、オナニーの有害性を強調するとともに、著者が独占販売権を握るオナニー治療に効果的な薬の購入を呼びかけていることから、金儲けが同書刊行の目的だったと、スタンジェ、ネックは結論している。「オナニア」では道徳面以上に医学面での有害性が強調されていた。1760年頃には、ティソが''De Morbisex Manustupratione''を、1764年には「オナニスム」を出版する。 これは、ヨーロッパ中に名声を博していた臨床医による、医学面からの有害性を訴えた本であり、ドイツの哲学者カントカントは自著『教育学』(1803年)において自慰の有害性を主張し、終生独身を貫いた。に影響を与え、またルターもこれを賞賛した。

モッセ著「ナショナリズムとセクシュアリティ―市民道徳とナチズム」によると、(反オナニーを含む)セクシュアリティ統制にはナショナリズムの台頭が影響している。十八世紀以降の西ヨーロッパ諸国(独英仏伊)では、下層階級からも貴族階級からも自らを差別化しようとする、中産階級の価値観、リスペクタビリティ(市民的価値観)が生まれる。十八世紀以降のナショナリズムは、この中産階級の作法や道徳を吸収し、全階級に広めた。その鍵になるのはセクシュアリティの統制であり、「男らしさの理想」である。ここにおいて、マスターベーションに耽るオナニストは顔面蒼白、目が落ち窪み、心身虚弱な人間と表象され、男らしい闘争や社会的達成という国民的ステレオタイプとは相容れないとされた。

反オナニーの波は、ジャック・デュシェ著、金塚貞文訳「オナニズムの歴史」によれば、18世紀のティソの著書によって引き起こされ19世紀に最高潮に達する。スタンジェ著「自慰」によれば、道徳面と同程度かそれ以上に医学面での有害性が強調された。原因不明の多くの疾患が、オナニーにより引き起こされるとみなされた(くる病、関節リューマチ、肺炎、慢性カタル、視覚・聴覚の衰えなどなど、主張する者によりまちまちではあるが)。デュシェ著「オナニズムの歴史」によれば、1939年にはカルノー医師により性教育面での言及が行われ、1968年を境に、社会的見解に変化が起こったと述べられている。によれば、1882年に、フランスの精神病医専門誌における「二人の少女の神経障害を伴ったオナニズムの症例」(括弧内訳、「オナニズムの歴史」での訳まま)というデミトリオス・ザムバコ医師の記事に、医学アカデミー会員のゲラン医師の示唆により、女性器を焼き鏝で焼却すると脅したことや、ゲラン医師が何人もの女性に、その焼却治療を施し結果を得ていたことが記されていたという。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オナニーとは
語源
歴史
 非道徳性
 西洋における反オナニーの歴史
 日本における反オナニーの歴史
 貞操帯
医学的な見地
 身体的影響
 オナニーの有用性について
 オナニーの体力消費について
 オナニーの有害性について
 オナニー行動
オナニーの方法
 男性
 女性
 肛門への刺激
 道具
他の呼称
その他
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


AV事務所
着エロ
性具
オーガズム
漫画ブリッコ
ダッチワイフ
イオンプロモーション
Cheers!
COMICパピポ
深夜アニメ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp