エロペディア
「オナニー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■日本における反オナニーの歴史

13世紀に編纂された『宇治拾遺物語』巻1の第11話には、源大納言雅俊が法会を催すに際して僧を集め、一生不犯である旨の起請(女性との性行為をしたことがなく、今後もしないという誓い)をたてさせたところ、1人の僧が「かはつるみはいかが候べき」(オナニーはどうなのでしょう?)と青い顔をして尋ねたので、一同が大爆笑した、という記述がある。「過ちかもしれない」と考える意識と、それを「笑える」おおらかさが同居していたことが伺える。

江戸期の儒医学者・貝原益軒の『養生訓』(1713年)では、オナニーと性交を区別する記述はないが、精液を減損しないことが養生の基本とされ、性行為そのものを否定はしないが、過度に陥ることは害とされる。赤川学著「セクシュアリティの歴史社会学」(以下、赤川著「歴史社会学」)によれば、このように精液減損の観点から健康維持を説き、性行為が過度に陥ることを戒める発想は、江戸期の性を扱った書物に一般的なものであった。中にはオナニーを性交と区別して否定するものもある。このような発想は武士階層のみならず、漢方医の必携書にも同様の記述が見られることから漢方医を通じ、町人、農民層を含めた広範な範囲に広まっていたと考えられる。これが日本において、明治期の開化セクソロジーに見られる反オナニー言説がすんなりと受容される土台となった。だが、近代以前はそれ以降に比べ、オナニーに関して比較的おおらかであったと言える。民俗学者・伊藤堅吉の山梨県南都留郡道志村調査によれば、道志村には明治末期まで若者宿が残されており、気の合った若衆たちは娯楽場として若者宿に集い、ペニスの大きさを競い合ったり精液の飛ばし合いをしていたという(石川弘義・野口武徳『性』)。

赤川著「歴史社会学」によれば、明治初期には、『造化機論』(アストン著、千葉繁訳)を嚆矢として、セクシュアリティに関わる言説が多く生産される(開化セクソロジー)。数々の西洋の書物の訳書、或いは、地方の士族、東京の平民、ジャーナリストらによって書かれた書物群には、生殖器や性行為に関して様々な観点から論じられているが、その多くがオナニーの害について述べている。ただし、その理論的根拠には二系統あり、一つは「精液減損の害」という『養生訓』に見られる観点から論じられるもので、必然的に「オナニーの害を被る主体は男。オナニーとセックスはどちらも過度であれば害。害は、身体・健康に関わるもの」となる。もう一方は「三種の電気説」を根拠にするもので「オナニーの害は性別問わず。セックスとオナニーの害は別もの。害は、精神にも及ぶ」という主張。

また、同書によれば、明治10年代の医学界の成立にともない、専門家集団の間でもオナニーの有害性は検討されはじめる。1877(明治10)年創刊の『東京医事新誌』では、1879(明治12)年からオナニーの害についての言及が始まる。なかには、性欲を抑制することの害を述べるものもあるなど、全体として単純なオナニー有害論とは距離を置いている。オナニーは神経病の原因か、結果かという問いが、ここで浮上する。1894(明治27)年、クラフト=エビングクラフト=エビングはオーストリアの精神医学者。性的倒錯の研究書として著名な『性的精神病理 (Psychopathia Sexualis)』を1886年に公刊した。「サディズム」「マゾヒズム」という言葉を生み出した人物でもある。の『色情狂編』が出版される。ここでは様々な「精神病」や「色情狂」の症状とオナニーの関係が検討される。オナニーは様々な「病」(精神病・神経衰弱・同性愛や露出狂を含む各種色情狂)の「原因」なのか「誘引」なのかが検討され、「誘引」であると結論される。クラフト=エビングは明治期にオナニーを論じた医学者たち(山本宗一、森鴎外、富士川游)などに多大な影響を及ぼした。巣鴨病院に勤務していた山本宗一は、そこで出会った三人の「手淫偏執狂」の症例報告を行っている。このような例外はあるものの、明治後期の日本の医学者たちによる検討は、全般的に統計的・実証的な調査を行った上でなされたわけではなく、単に西洋の書物の受け売りでしかなく、オナニーは様々な「病」の「原因」か「誘引」かについては、医学者たちの見解は分かれていた。

同書によると、このような背景のもとに、専門家集団は徐々に性的な事柄に関する知識を蓄え、学術書を刊行するようになっていく。明治初期のセクシュアリティに関するテクストは、市井の人々かジャーナリストによって書かれていたが、明治30年代以降、その主な担い手は「医学士」「○○病院院長」などの肩書きを持つ人びと(専門家集団)へと移行する。ただし、医学界といっても、その専門分化によって論理の内実は変わる。医学専門家内部では、オナニーの有害性に相当の疑問がもたれていたにも関わらず、衛生学のテクストではオナニー有害を前提として、学校や家庭における青年の監視の必要性が主張されている。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オナニーとは
語源
歴史
 非道徳性
 西洋における反オナニーの歴史
 日本における反オナニーの歴史
 貞操帯
医学的な見地
 身体的影響
 オナニーの有用性について
 オナニーの体力消費について
 オナニーの有害性について
 オナニー行動
オナニーの方法
 男性
 女性
 肛門への刺激
 道具
他の呼称
その他
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


新川舞美
児島香緒里
中島小夜子
漫画エロトピア
スカートめくり
北島優
松島遊廓
黛はるか
安田みらい
前島かおり

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp