エロペディア
「オナニー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■身体的影響

・男性
  オナニーをすると陰茎の皮や陰茎そのものが赤くなるが一時的なものである。オナニーや性交を繰り返すことによって、陰茎が黒ずむと言われることがあるが、皮膚の摩擦刺激による色素沈着(黒ずみ)は擦過傷、瘤、傷などの比較的深い持続的な刺激(例えば堅くてざらざらしたものの持続的な刺激)によるもの(これらも傷が深ければ治るのは遅いが持続的刺激がなくなれば消えるし直る)で、オナニーや性交を繰り返す程度で黒ずむことはない。性器が黒ずむのは、思春期から遺伝的に起こるもので、男性は陰茎よりも先端の包皮が濃く黒ずむ(皮膚の収縮が高いところなのでより多くのメラニン色素が集まるため)。包皮のシワが集まってそう見えるのもある。加齢による色素沈着は消えないので、年齢によって性器の色が異なるのはある意味当然ではある。またこの時期には性器のシミも生じてくる。これは皮膚の老化により皮膚がダメージによりシミになるやすくなるもの、主に傷、湿疹、出来物(吹き出物)で起こる(赤く腫れるぐらいではならないが)通常オナニーで性器に傷をつけることはないが、傷がつけばなる可能性はある。ただ、傷以外でもなるので、傷をつけなくても普段の生活で充分シミはできてしまう。現実に気づかない人も多いが、シミがある人は若い男女でもたくさんいる。勿論性器のどこにでもでき得る。大きさ、個数は人それぞれ、男性では亀頭、陰茎、そして包皮、また包皮の内側にある人もいる、女性も当然、小陰唇、大陰唇にある、これらも当然加齢とともに生じてくるごく自然なことである。逆に手の摩擦箇所の皮膚が擦りむけてくることもある。
  俗に利き手の方向へ陰茎が曲がるなどと言われる。あくまで俗説であり変形は軽いものである。また、陰茎亀頭を包む包皮を利用してオナニーをすることで、包皮が伸びてしまい仮性包茎になりやすいという説があるが、これは俗説でしかなく、実際には皮が厚くなる程度。
  オナニーの経験回数が増えるに従って、性器への刺激が増さないと射精しにくくなる傾向があるが、自分の手による刺激に慣れてしまうと、女性との性交時に、女性の圧が弱く感じられ、射精できなくなる(遅漏になる)という報告もある。性的興奮には個人差が大きいため必ずしも自慰によるものではなく性的興奮をもたらす要因にも関わる場合がある。
  オナニーをすると老化やハゲなどにつながると言われることがある。男性ホルモンの分泌量増加を理由として主張する者もいるが、実際にこうした医学的証明があるわけではなく、俗説の域を出ない。ただしこれは西洋医学の範疇のみからの所見である。
・女性
  男性同様、性器の黒ずみに関してはオナニー・性交の摩擦と関係があるという俗説がある。しかしオナニーや性交の摩擦によって小陰唇に色素が沈着し黒ずむわけではない。ただ、オナニーの方法や頻度により小陰唇が多少伸びることがある。しかし身体改造的に行なわなければ大きな変形とはならない。性器の色素沈着は加齢とともに起こるもので、男性同様遺伝的なもので皮膚の収縮が高い小陰唇が濃く男性同様皮膚のシワの収縮もある大陰唇がそれよりも薄く黒ずむ女性のVラインは下着がきついと擦過傷になり黒ずむことがある。また、メラニン色素の量により黒ずみには個人差がある。特に思春期の色の変化は時期的にオナニーとの関係が疑われやすいが、ほとんど関係はないとされる。また男女ともに黒ずみ方は均一ではない(生物の細胞は100%均一ではないので個人差はあるがまばらなもの)になる。そして、医学的な統計は出ていないが男女ともに性器が黒ずんでいる人はほとんどである(日本人は黄色人種であり皮膚に黒色色素をそれなりに含んでいるため黒ずみが起こりやすい)
  美容整形の分野ではこうした色素沈着を取り除く薬品や処置を提供している場合もあるが、加齢による色素の沈着はある程度自然な成り行きなので過剰な性交や自慰との関連をことさらに不安視する必要はない。
  性器を清潔に保つことで、性行為感染症をある程度防ぐことができる。傷や病気になった場合主に精神的な要因で性に対する忌避が起こる場合があるので、指や体に触れる器具を清潔に保ち、傷がついた際に感染症にかからないよう気をつける必要がある。また傷も色素沈着の原因となりやすい。
  女性の場合、性的刺激を与えることで女性ホルモンの分泌を促すことができる。そのため、女性らしい体、妊娠しやすい体を作る効果がある。性的興奮は個人差が激しく、女性全般に対して自慰行為のみに利点があるわけではない(虚しい、みじめという感覚をもつ女性にとっては自慰が罪悪感をもたらすため)。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オナニーとは
語源
歴史
 非道徳性
 西洋における反オナニーの歴史
 日本における反オナニーの歴史
 貞操帯
医学的な見地
 身体的影響
 オナニーの有用性について
 オナニーの体力消費について
 オナニーの有害性について
 オナニー行動
オナニーの方法
 男性
 女性
 肛門への刺激
 道具
他の呼称
その他
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


AV事務所
着エロ
性具
オーガズム
漫画ブリッコ
ダッチワイフ
イオンプロモーション
Cheers!
COMICパピポ
深夜アニメ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp