エロペディア
「オナニー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■オナニーの有用性について

心理学の見地から、オナニーは自我の形成に重要な役割を果たすとも言われている。自らの指を汚しながら人間が人間であることを確認する行為である。

現代的な考えではオナニーを性交の練習として捉える傾向もある。自身の性的快楽の習得方法を学ぶ方法として有用であり、同時にパートナーの性的快楽を理解し把握する訓練に利用できるとするものである。

男女の性的快楽は陰茎・陰核の亀頭部が主体となるが、一箇所の刺激のみでは飽きに陥りやすい。このためオーガズムに到達する時間が長引くか、あるいは意欲が喪失することがある。そこで新たな刺激を求め、身体の亀頭部以外の場所(性感帯)を刺激したり、エロティックな視聴覚対象などで興奮を高めたりする。これは性交においても同じであり、飽き回避の方法を習得しパートナーとの性的快楽をよりよい方向へ導く学習としても有用である。

特に思春期の男女児は性ホルモンの分泌が成人より活発であるため、頻度が多いといわれている。男児は夢精の予防も兼ねて、落ち着いてオナニーできる就寝前あるいはその前の入浴時等に済ませるのが一般的といわれている。また、早朝の朝立ちにより眼が覚めてしまうと勃起したままでは再び寝付きにくいので、オナニーにより勃起を収めることもある。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オナニーとは
語源
歴史
 非道徳性
 西洋における反オナニーの歴史
 日本における反オナニーの歴史
 貞操帯
医学的な見地
 身体的影響
 オナニーの有用性について
 オナニーの体力消費について
 オナニーの有害性について
 オナニー行動
オナニーの方法
 男性
 女性
 肛門への刺激
 道具
他の呼称
その他
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


AV事務所
着エロ
性具
オーガズム
漫画ブリッコ
ダッチワイフ
イオンプロモーション
Cheers!
COMICパピポ
深夜アニメ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp