エロペディア
「オーガズム」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■概要

語源はラテン語の「オルガルスム」で性交やオナニー、他人による性器への愛撫などにより性感帯を刺激する事により起こる。俗語では「イク」「来る」(英:I'm coming)などともいう。文語では「達する」「果てる」「気を遣る」などと表現される事もある。男性では多くの場合、オーガズム時に射精が起こり、女性では膣口にある括約筋の規則的な収縮などが見られる。

生理的には、くしゃみに似ているとも言われる。オーガズムに伴い陶酔的な幸福感が得られる。またオーガズムの直前に寂寞感(男性)や恐怖感(女性)を覚える場合もあるとされる。
オーガズムに至るまでの時間は、一般的に男性は短く女性は長い。また、オーガズム後すぐに快感が衰える男性に対し、女性は暫くの間余韻が残るとされる。これは、男性の場合射精後にプロラクチン(prolactin; 乳腺刺激ホルモン)が放出されるためと考えられている。射精後しばらくのあいだ勃起状態が維持できなくなるのも、血中のプロラクチン濃度が高くなるためである。

男女の性愛において男性の射精後男性の性的興奮が急速に衰える為、その時点で男性が性交渉を中止する場合があるが、女性の方はまだオーガズムに達していないため不満が残ることが多い。これを補うため、女性への労りとして後戯(女性への愛撫や抱擁)がしばしば行われる。

男女ともオーガズムパターンは多く存在し、多くの場合オーガズムの初期レベルは陰茎や陰核(クリトリス)の刺激によって引き起こされ、陰嚢大陰唇など性器全体に広がる。
ほとんどすべての男性は、思春期以後、オーガズムを経験する。
女性の場合はGスポットやPスポットなどと密接な関係がある。アンケート調査などでは、一部の女性はオーガズムの経験が無いといい、また一部の女性は1回の性交のなかで複数回のオーガズムを経験すると言う。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

オーガズムとは
概要
オーガズム時の身体の変化
オーガズム時の性的快感(絶頂感)
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


横山翔子
出張ホストクラブ
プレリュード文庫
紺野美奈子
紺野りさ子
あのこ
増沢美和子
荒井美恵子
森本奈々子
野宮凛子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp