エロペディア
「サディズム」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■SMについて

サディストがその性的嗜好を満たそうとするとき、それが相手に対して強制的に威嚇や暴力を行うのではなく、合意の上での行為である場合は相手がどのような意識で行為を受け入れているかで区別が生じる。人間関係の一環としての「性」を通じての交際の場合、許容できる範囲で、サディズムの人の要求に応えているが、積極的に加虐を受けることに快感などを感じない人の場合と、それに対し、加虐を受けることで、自身も性的興奮や性的快感を覚える人の場合がある。

後者の場合は、性的嗜好の別のタイプであるマゾヒズム(性的マゾヒズム)との人であるということになる。サディズムの人とマゾヒズムの人のカップルの場合は、性的嗜好において求めるものが、内容と方向が違っても、性的加虐と性的被虐で、相互に補完し合えるので、ある意味理想的だとも言える。また、相手がマゾヒズムの人でなくとも、売春などの場合では、娼婦・男娼がマゾヒストを演じることがある。こうして、「SM」という概念が成立する。

一般的にサディズムである人間が同時にマゾヒズムであるケースがあり、このような場合、「サディズム」・「マゾヒズム」を合わせ「サドマゾヒズム」と呼ぶ。二つの名称の由来となったサドと、オーストリアの作家マゾッホも、この両方の性的嗜好を備えていたとされる。しかし、ある種のサディズムもしくはマゾヒズムの性癖を持つ人間が必ずサドマゾヒズムなのかというと、必ずしもそうとは言えないがS、Mが誰しも共存しているので、「サディズムとマゾヒズムは表裏一体である」という主張が当てはまるようだ。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

サディズムとは
由来
サディスト
サディズムとは何か
SMについて
快楽
派生語
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


濡れ場
性器
全身リップ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp