エロペディア
「ジェナ・ジェイムソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■初期の職歴

ジェナ・マッソーリはラスベガスのショーガールとして、母のあとに続こうとした。しかし、大部分のショーは身長175cmを満たしていない彼女を拒絶した。彼女は、「Vegas World」のショーに雇われたが、スケジュールが過酷で、賃金もひどく悪かったので、2ヵ月で辞めている。

ボーイフレンドのジャックは彼女にストリッパーになる事を勧めた。そして、1991年に、未成年ではあったが、偽造の身分証明を使い、ラスベガスのストリップクラブで踊り始めた。歯列矯正器を付けていたため、ストリップクラブ「Crazy Horse Too」から拒絶され、彼女はラジオペンチでこれを取り除き、雇い入れられた。6ヶ月後、ハイスクール卒業前に彼女は一晩で2000米ドルを稼ぐようになっていた。

ストリッパーとしての彼女の最初の芸名は、「''Jennasis'' 」。後に「Jennasis Entertainment」という法人を設立する際に使われる事となる"WIPO Domain Name Decision: D2004-1042", Nels T. Lippert, World Intellectual Property Organization, 2005年2月15日。彼女はモデルとしての名前を決めるため、彼女の名前にマッチした名字を探して電話帳をめくっていたが、ジェイムソン・ウイスキーを飲んでいたのが決め手となり、「ジェナ・ジェイムソン」を選んだ"Jenna Jameson: Ever wonder how she got her name?" Video at Metacafe.com.。

踊りに加えて、1991年後半から彼女はペントハウス誌に採用される事を期待して、ロサンゼルスで写真家スーズ・ランドールのためにヌードモデルを務めた
。ジェイムソンには写真の版権なしで、1日300ドルが支払われた。彼女の写真が様々な名前でいくつかの男性誌に掲載されているのを見かけ初期にジェイムソンが異なる名前で雑誌に登場している数例。"Colleen" ''Chic'' October 1993, "Nanette" ''Barely Legal'' January 1995, "Priscilla" ''Genesis'' January 1995、ジェイムソンは、ランドールが自身の利益のために自分を利用していると感じ"How to Make Love Like a Porn Star" by Jenna Jameson ''Salon.com'' magazine book review by Charles Taylor, 2004年8月25日、ランドールのために働くのを止めた"Jenna Jameson", article with autobiography citations by Luke Ford, on LukeIsBack.com.。

ハイスクール時代から、ジェイムソンは兄(彼は、ヘロインにおぼれていた)や、時折は父に付き合って、ドラッグ(コカイン、LSD、メタンフェタミン)を飲み始めた。彼女の中毒は、ボーイフレンドとの4年の生活の間により悪化した。彼女は、結局きちんと食事をとれなくなり、モデルを続けるにはあまりに痩せてしまった。ジャックは、1994年に彼女のもとを去った。友人が彼女を車椅子に乗せて父親のもとに連れて行った時には、彼女の体重は76ポンド(35キログラム未満)になっていた"Book Reviews: Women's Search for Love Through Sex", Jeffrey Geller, M.D., M.P.H., May 2006, ''Psychiatric Services'', American Psychiatric Association.。父親は依存症治療のため、レディング(カリフォルニア)に住んでいたが、娘が飛行機から降りたった時、彼は彼女を見分ける事が出来なかった。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ジェナ・ジェイムソンとは
来歴
 生い立ち
 初期の職歴
 ポルノ映画での活動歴
人物
 自叙伝
 私生活
実業家として
一般への露出
政治的活動
受賞
参考

[5]▲上へ

◆関連ワード


Kay.
秋川ルイ
h.m.p
ケリー・マディソン
トリシア・デヴェロー
パーフェクト・チョイス
サバンナ_(女優)
P.J.スパークス
ロン・ジェレミー
忙殺

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp