エロペディア
「ジャニーン・リンデマルダー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ポルノ映画界

リンデマルダーはアンドリュー・ブレイク監督の1992年の映画『ナイト・トリップス5 ''(Hidden Obsessions)''』でポルノデビューを果たしたFrequently Asked Questions About Janine。彼女は更に2本のポルノ映画に出演した後、最大手のポルノ製作会社であるビビッド・エンターテインメントの傘下に入り、ビビッド・ガールズと呼ばれる契約女優の1人となったVivid Stars Chasey Lain, Jenteal, Janine, Julia Ann, and Raylene Will Star。契約はレズビアンシーンへの出演のみに範囲が定められたものであり、これが彼女のトレードマークにもなったJanine Lindemulder bio。ビビッドによる彼女の最初の映画は1993年の『''Parlor Games''』で、以後ビビッドのもとで50本以上の作品に出演し続けた。

ビビッドとの契約期間中、ジャニーンは他の形態のエンターテインメントにも進出した。彼女はジュリア・アンとエキゾチック・ダンスデュオ、「ブロンデージ (Blondage)」を結成し、デュオはビビッドのビデオの数作において呼び物となったBlondage Reunites for Adult Emergency Fund Fundraiser。ジャニーンはハワード・スターンのテレビ・ラジオ番組にゲストとして出演した。またスターンの映画『プライベート・パーツ ''(Private Parts)''』(1997年) にも出演しているPrivate Parts Cast。リンデマルダーはブリンク 182が1999年にリリースしたアルバム『エニマ・オブ・アメリカ ''(Enema of the State)''』のジャケットとシングルカットされた「''What's My Age Again?''」のミュージック・ビデオにナース役で出演している。彼女は他にも何本かのミュージック・ビデオに出演した。

1999年、ジャニーンは幼稚園教員に従事するためにポルノ映画界から去ったと発表したJanine Confirms She is Leaving Porn。彼女は引退の理由として彼女自身の子育てにも、もっと専念したいという点を挙げている。2004年4月彼女は現役復帰を宣言し、女優とだけでは無く同様に男優とも絡んでいると公表した。彼女は古巣のビビッドと契約し、同社ブランドの下で8本の映画に主演した。彼女の男優との初セックスシーンは、2004年の映画『''Maneater''』で相手役はニック・マニングだったFirst Day Numbers Indicate Vivid Film Featuring Janine's First Boy/Girl Scene is a Hit。ビビッドとの契約期間満了後、ジャニーンはデジタル・プレイグラウンド社と契約し、同社の映画数本に出演したDigital Playground Adds Janine to Roster - AVN.com。2005年11月、リンデマルダーは自身の公式サイトのフォーラムで、再度ポルノ映画から引退したと発表した。しかし2006年1月に2つのAVN賞を獲得した後に、もう1度復帰している。彼女は男優・女優双方と演じ続け、2007年4月に初公開された『''Janine Loves Jenna''』では有名なポルノスター、ジェナ・ジェイムソンと共演したJanine Loves Jenna About to Raise Hell


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ジャニーン・リンデマルダーとは
初期の経歴
ポルノ映画界
私生活
受賞歴
脚注

[5]▲上へ

◆関連ワード


異性愛
池袋ミカド劇場
性交体位
瀬奈梨花
瀬沼かすみ
真心実
愛本美穂
実録出版
ぴことちこ
風俗街

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp