エロペディア
「トルコ風呂_(性風俗)」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■「トルコ風呂」の誕生

中東圏の外において「トルコ風呂」の名をもって伝えられたハンマームは、本来、ごく一般的な伝統的な公衆浴場である。歴史的には、中東の伝統的な社会のあり方(そしてしばしばこれはイスラムの伝統として正統化された)に則って、男性社会から隔離され、自由に外出することを制限されてきた女性たちが素顔をさらして集うことのできたハンマームは、女性の社交の場として活用された経緯があり、オスマン帝国時代にトルコの都市を訪れた西欧の旅行者たちは、富裕な階層から庶民に至るまで様々な出自の女性たちが、ベールで顔を隠して浴場に赴く様をしばしば奇異と驚きの目をもって外国に伝えた。

こうしたイメージの伝播はしかし、ハマム本来の社交的な機能とは裏腹に、ベールに包まれた女性たちが素顔をさらして集う様が、東洋の神秘的でセクシャルなハーレムに対する幻想と相まって、西欧社会にある種の誤解をもたらすこととなった。西欧では古くから、「トルコ風呂」はエキゾチシズムを感じさせるオリエンタリズムのイメージとしばしば結びつけられてきた。

日本に初めて紹介された「トルコ風呂」も、こうしたオリエンタリズム的なイメージをもった西欧人の「トルコ風呂」であった。中東では男性客には男性の垢すり師がつくのが原則であるが、日本を含む外国に紹介されたトルコ風呂では、しばしば男性に対しても女性の垢すり師がつけられるものと考えられていた。

こうした男性に対しても女性が垢すりを行う「トルコ風呂」が日本で始まったのは1951年銀座「東京温泉」に設けられたのが始まりとされる。定着していく過程で、1966年にトルコ風呂が個室付浴場(サウナ)として許可された。東京オリンピック開催時には、世界中の観光客の手前、トルコ嬢によるサービス自粛など当局の風紀取締りが強くなった経由などや、赤線の廃止によって行き場を失った性風俗店と結びつき、性風俗店としての「トルコ風呂」が発展していった。「ソープランド」と改名されたのは1984年である。日本の隣国である韓国では、日本のトルコ風呂に感銘を受けた韓国人が、自国でも同じようにこの種の性風俗店を誕生させ「トッキータン(トルコ風呂)」と名づけて広まっていった。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

トルコ風呂_(性風俗)とは
「トルコ風呂」の誕生
名称問題と改名
 日本での動き
 タイ王国での動き
 韓国での動き

[5]▲上へ

◆関連ワード


黒猫館
貧乳
RIRICO
星野桃
松島かえで
青沼ちあさ
バーバラ・デア
加護範子
中原絵美
三上翔子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp