エロペディア
「ノーパン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■歴史

元来、日本の伝統的な着物では、男性の下着としては「ふんどし」「下帯」などという性器を隠すものが存在したが、女性の下着は「腰巻」と言って文字通り腰のまわりを巻く布であり、性器を直接に覆うものではなかった(とはいえ和装の場合は襦袢などを重ね着するため、着物がめくれても性器が露出することはめったにない)。そのためノーパンは日本の文化として昭和初期まで定着していた。生活の洋風化に伴い若い女性から下着を着用するようになっていったが、下着が一般化する中で下着を付けないことが奇異となり、ことさらに強調されるようになった。また一部の好事家の間では下着やその着用状態に対する(ノーパンも含む)性的興味の固着も見られるようになった。そのため性的な文脈で用いられることが多い。


日本の風俗店ではかつて、ノーパン状態の女性店員が接待する飲食店がブームになった。また、睡眠時に下着を着けずに寝るという健康法がノーパン健康法として一時ブームになったこともある。


[4]前へ 
◆目次

ノーパンとは
歴史

[5]▲上へ

◆関連ワード


夢野ひなた
中村遊郭
痴女
膣痙攣
南新地
尺八_(隠語)
松田ちゆり
沢口あすか
放置プレイ
チュパカブラ椎名

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp