エロペディア
「ピアス」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ピアスについて

日本において、ピアスを通す穴(ピアスホール)を身体に開けるのは医療行為と見なされる為に、医師耳鼻科医または美容形成外科医が多く、口腔内、顎・口唇領域では歯科医師によっても行われる。による施術を頼る人が殆どである。しかし、医療行為を本業とする医師はピアスに関する専門的な知識やデザイン上のノウハウを十分に持ち合わせていない場合が多い。そのような医療機関の多くは、素人が自分で開けるのと何ら変わりないピアスガン(ピアッサー)を使用している。

海外では、ピアスの専門知識を習得し、国によっては政府公認の協会からプロフェッショナルとして認定されたピアッサー(ピアスを開けることを職業としている人)に施術を依頼する場合が多い。彼らはピアッシングスタジオと呼ばれる場所で活動し、技術、衛生面とも最新の方法で安全にピアスホールを開けている。アメリカでは、ウォルマートなどのスーパーマーケットで開けてもらう人も多い。

日本では、ピアッシングスタジオやボディピアス専門ショップはまだまだ珍しい場所であるものの、ピアス知識の無い医師に頼るよりは安心と言えることも少なくない。ただし、アクセサリーショップやネイルサロン、美容室、タトゥショップなどの片隅などで、文字通りただの穴開けのみを請け負う、悪質なピアッシングスタジオもある為、見極めには十分に注意しなければならない。なおタトゥ・刺青とピアッシング技術はまったくの別物であり、片方の技術を身につけたものがもう一方を行う能力を持っているわけではない。

ピアススタジオはたとえどんなに良質な施術であっても不当医療行為であり、医師法に抵触する。2006年10月には不適切な対応を受けた顧客の訴えにより、渋谷区のピアススタジオ経営者が医師法違反などの疑いで逮捕されている。しかし大半の場合はタトゥスタジオ・刺青師と同様、黙認されているのが実情である。

タトゥとは違い、18歳未満の子供がピアスを着ける事は法律上禁止されてはいない。しかし校則で禁止としている学校が殆どで、頭髪・服装検査の一環としてピアスホールをチェックする学校もある。
近年では自分の子供(幼児)にピアスを身に付けさせる保護者ここでは「幼児のピアス装用に寛容」という意味ではなく、幼児をファッショナブルにしたいと考える保護者が、自ら意思決定できない幼児に対して装用するような例を指す。が存在し、児童虐待ではないかと非常に問題視されている。

医療施設でのピアシングは健康保険が適用されない為、個人の自費診療として行われる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ピアスとは
歴史
 耳のピアス
 ボディピアス
名称
 女性性器
 男性性器
用語
ピアスについて
ニードルとピアスガンの違い
トラブルと感染症
関連項目
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


出張ホストクラブ
プレリュード文庫
紺野美奈子
紺野りさ子
あのこ
増沢美和子
荒井美恵子
森本奈々子
野宮凛子
詩田笑子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp