エロペディア
「ピアス」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■トラブルと感染症

ピアスホールを開けるということは傷を作ることに他ならない。よって開ける時には万全の注意を払うことが何よりもまず大切といえる。

ピアッサーが使用しているニードルは通常使用に関しては一本一回限りの使い捨てである。
ピアスガンに関しても減菌処理されているものが有る。これも基本的に一回限りの使い捨てである。しかし、幾ら使用器具を清潔にしていても、使いまわしなど使用自体に問題があったり、開けた後のホールを指で不必要に弄るなどすると、トラブルや、B型肝炎、HIVといった重大な感染症を招く恐れがある。

そういった感染症対策の為に一部の業界(農林水産業・医療・食料品を扱う業界などの一部)では職員のピアスが禁止される場合もある。また、つけているピアスの材質が元でのトラブルが起こる時もある。大抵は粗悪な金属素材によるものだが、金属アレルギーなど体質的な原因や、アクリル樹脂など傷が付きやすくそこから雑菌が繁殖しやすい材質のものでもトラブルが起こる可能性がある。

こういったトラブルを未然に防ぐには、人体用ステンレス鋼である''SUS316LVM''や純粋なチタン、またはテフロン樹脂やシリコーン樹脂などの生体適合性に優れた材質のピアスを使うことが大切である。また単に「チタン」と表示されているものは表面だけのものが多いので要注意である。

血液の病気など疾患を持つ者や、病気療養中の者、出血しやすく血が止まりにくい体質の者はピアッシングをすることに適さない為、それを行ってはならないとされる。ピアスを通した後も患部が赤く腫れたり痛みがある場合は速やかにピアッサー又は医師の診断を受けることが望ましい。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ピアスとは
歴史
 耳のピアス
 ボディピアス
名称
 女性性器
 男性性器
用語
ピアスについて
ニードルとピアスガンの違い
トラブルと感染症
関連項目
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


クリスタル映像
千葉なぎさ
小池ちなつ
岡本千夏
ゲイ・ポルノ
処女喪失
密陽女子中学生集団性暴行事件
辻さき
ボディペインティング
辻丸耕平

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp