エロペディア
「ピンクサロン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ピンサロ嬢

ピンクサロンの特徴の一つは、接客する女性の中に他の風俗では見られないような年齢層や容姿他の風俗でも熟女_(アダルトビデオ)や超熟女_(アダルトビデオ)、デブ専、或いは非合法な未成年者を使う店があるが、これらの店はそれに特化している事が殆どであり、一般的な風俗嬢は20代~30代前半で人並みかそれ以上の容姿を持った女性である。肥満体型ではあるが、デブ専店の採用基準には満たないような女性が風俗店に就職する場合は、選択肢がピンクサロンに限られる傾向にある。の女性がいることである。その理由としては、店内が暗いために客が女性の年齢や容姿を判別しにくい事と、採用時の年齢確認が甘い店が多い事等が考えられる。実際、事件等で報道されて明らかになった中には、家出中の小学生や50歳以上のピンサロ嬢がいた。また、寮を備えた店が多いため、家出中或いは多重債務やドメスティックバイオレンスから逃げている女性がピンサロ嬢になるケースも見られる。他の風俗でも寮を備えた店はあるが、ピンクサロンは性風俗関連特殊営業で届けられている一般の風俗店のように従業員の身元確認が厳しくない性風俗関連特殊営業として届けられている店は従業員の身元確認状況を検査されるため、厳しい場合が多い。ため、このような女性達にとっては就職し易い。

一方、ソープランドファッションヘルスにはシャワーや風呂の設備があり、デリヘルの場合も行為の前に客の身体を清浄することが出来るが、ピンクサロンではお絞りで清拭しただけの客の性器を口にしなければならない。にもかかわらず、1人の客に口内発射させた際の報酬は他の風俗に比べて格段に安い500円~1000円程度。人気店では客が絶えることがないので、約7時間の勤務時間中殆ど休憩無くフェラチオをし続けなければならず、肉体的にも過酷である。また、ピンクサロンは正式に届けられた性風俗店ではないため、風営法違反や公然猥褻による警察の取り締まりを受ける危険が常にある。

このような理由から、風俗業界で働くことを希望する場合でもピンクサロン勤務を敬遠する女性は多く、事情を知らずに就職した後、別の業種イメクラやファッションヘルスが多く、ソープランドの場合もある。に移る女性もいる。それでも、前述のような事情がある女性や、地元にピンクサロン以外の風俗がない地域に住む女性には選択肢がない。

しかし、特別な事情もなく、他の風俗店で働けるような女性の中にもピンクサロンで働き続ける女性は多い。他の風俗と比べたピンクサロン勤務の利点としては以下の事が挙げられる。
#他の風俗店の報酬は歩合制が一般的であるが、ピンクサロンは時給+歩合給歩合給は指名数と射精させた客の人数で決まる。時給は日払いで歩合給は月末払いとなっている店が一般的である。であるため収入が安定している。特に、人気店は客の入りも安定しているので、高い収入が安定して得られる。
#他の風俗では個室で客と一対一で接しなければならず、安全上の不安がある。ピンクサロンでは客とのトラブルがあっても男性従業員がすぐに対応できる。
#接客に於いて会話能力がさほど必要とされないため、対人関係が苦手な女性にとっては楽である。
#シャワーを頻繁に浴びる必要がないので、肌荒れの心配が少ない。

このような理由と年齢が高くても勤められることから、他の業種より長期間勤務する女性が多く見られる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ピンクサロンとは
歴史
法律上の位置づけ
立地
一般的な店内の様子
一般的なシステム
ピンサロ嬢
ピンクサロンに関連する用語

[5]▲上へ

◆関連ワード


浅間るい
来栖ゆう
クンニリングス
E-CUP_SLAVE_愉芽の絆
みさくらなんこつ
女装オナニー
菅原薫
陽多まり
サディズム
クルージングスペース

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp