エロペディア
「フェラチオ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■世界

thumb|200px|古代エジプトにてはフェラチオが神事に関係していたという王が巫女のフェラチオにより太陽神のエネルギーを得て黄泉の国から復活する場面と考えられる。
キリスト教が広く信仰される前の大半の世界ではフェラチオは極く普遍的に行われていた。とりわけ、古代ギリシア・ローマ世界では広くフェラチオやイラマチオが愛好されており、古代ギリシア・ローマではオーラルセックスは、ごく一般的に行われていた。

キリスト教文化圏では専ら生殖を伴わない快楽を求める行為として忌み嫌われたが、他の文化圏では性行為が繁栄の象徴として扱われたこともあってか、他地域と比べておおらかに描かれている。インドの『カーマ・スートラ』に描写があるほか、紀元1世紀 - 7世紀ころに南米に栄えたシパン文明の出土品の中にフェラチオを行っている像がある。

シンガポールにおいては不自然な肉体的行為を禁じる同国の刑法第377条A (Section 377A of the Singapore Penal Code) でフェラチオ行為は刑事罰の対象であったが、2007年10月の刑法改正で合法化された"Singapore reforms sex laws - but not for homosexuals", guardian.co.uk home, 2007年10月24日

フェラチオというラテン語の名称が近代世界に知られるようになったのは、チャップリンの二番目の妻リタが怪文書「リタの不満」で「彼(=チャップリン)にフェラチオという倒錯行為を強要された」と暴露したためであると言われる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

フェラチオとは
概説
 フェラチオの体位
 刺激を与える部位
 射精
フェラチオ行為の危険性
 病気に関するもの 口腔癌、舌癌、喉頭癌の危険性について
 行為に伴うもの
歴史
 世界
 日本
  近年の日本のフェラチオ
性風俗産業のフェラチオ
 派生した語句
参考資料・文献
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


精霊特捜フェアリィセイバー
IROKOI
マスクフェティシズム
工藤澪
黒猫館
貧乳
RIRICO
星野桃
松島かえで
青沼ちあさ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp