エロペディア
「フェラチオ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■日本

古語では「口取り」、「雁が音」、「尺八」、「千鳥の曲」とも言った。また勃起した陰茎を横から咥えることを俗に「ハーモニカ」と言う。

平安時代の『日本霊異記』に、息子にフェラチオをする母親の説話がある『日本霊異記』中巻、第四十一。息子を愛しフェラチオするようになった母が三年後に病死するが、臨終の際に息子のものを吸いながら「我々は来世でも関係を続けよう」と言い残し、隣家の娘に生まれ変わって息子と結婚する。ただしこの話はインド(天竺)の話と断り書きがある。。

江戸時代の川柳にこの行為を扱ったものがあり、この頃の人々には珍しくなかったと言える。地方藩でこの行為が禁止されたことが、藩士の日記の中に残っている。また、江戸時代に、男性器に刺激を与える行為としても行われていたが、それよりも射精に至り勃起しなくなった男性器に刺激を与え、勃起させて連続して数回、性行為を行えるようにと自然に用いられていた「日経ウーマン」(日経ホーム出版社)、白倉敬彦インタビューより。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

フェラチオとは
概説
 フェラチオの体位
 刺激を与える部位
 射精
フェラチオ行為の危険性
 病気に関するもの 口腔癌、舌癌、喉頭癌の危険性について
 行為に伴うもの
歴史
 世界
 日本
  近年の日本のフェラチオ
性風俗産業のフェラチオ
 派生した語句
参考資料・文献
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


金津園
麻丘千夏
天乃ゆり
クリスタル映像
千葉なぎさ
小池ちなつ
岡本千夏
ゲイ・ポルノ
処女喪失
密陽女子中学生集団性暴行事件

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp