エロペディア
「ペドフィリア」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■言葉と概念の由来


古典ギリシア文明における paidophilia(パイドピリア=少年愛)が、キリスト教的近代において否定的意味を与えられ、精神医学の用語とされた。成人による、児童・小児への持続する性的関心をもって特徴とする。

精神医学上の概念としては、精神病理に対し深い識見を備えていた、ウイーン大学教授リヒャルト・フォン・クラフト=エビングが、著書''Psychopathia Sexualis''(性的精神病理,1886年)において最初に提唱したとされる。ラテン語より派生した形として、paedophilia とも表記する。その後、異常心理学では、「性の異常心理」として「性対象異常」の下位範疇において児童・小児を性愛の対象とする性倒錯として位置付けられた。20世紀半ばまで、精神医学においても性倒錯として把握されたが、今日の精神医学においては、性嗜好障害とされる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ペドフィリアとは
ペドフィリアの概念
 言葉と概念の由来
 現在の精神医学での概念
 日常語としての用法
 日本におけるペドフィリアの認識
小児性犯罪者
ペドフィリア性向者の割合
ペドフィリアの類型
ペドフィリアになる原因
ペドフィリアと宗教
 キリスト教
 イスラーム
 仏教
 ヒンドゥー教
関連書籍
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


鳴沢賢一
V&Rプロダクツ
小町ゆき
ひなこ
ヴェロニカ・ハート
月川早来
落合ユリ
嶋村ゆかり
阿部まりあ
京野さおり

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp