エロペディア
「ペドフィリア」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■日本におけるペドフィリアの認識


日本では以前はペドフィリア嗜好に対する認識がほとんど無く、子供に対する性的行為は性犯罪者などが行う異常行為、といった認識であった。また児童に対するわいせつ事件についても、よほど悪質か異常な物を除いて「いたずら」と呼称するなど軽視される傾向が強かった。児童の裸体や性器露出についてもわいせつ物としての認識が無く、いわゆる少女ヌード写真集が70年代では堂々と一般書店で一般に発売されていた。

こうした状況を激変させたのが、1988年 - 1989年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件である。この事件によってペドフィリア嗜好を持つ人間が一般社会に潜んでいる実態が世に知れる事となり、児童を対象にした性犯罪への警戒や児童ポルノの規制の強化、更に通常のメディアでも児童の裸体・下着露出の自主規制などが行われる事となった。こうした経緯から、日本ではペドフィリアに対して極めてネガティブな風潮が強く、現在はほとんどが否定ばかりで、その原因や存在をとらえようと前向きに研究をしたりすることは少ない。

ただし、精神鑑定では東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人はペドフィリアの典型ではなく、他の異常性格・性嗜好障害傾向が優勢だとされる。また、成人女性の代わりとして幼女を狙ったとされている。例えば、彼の幼馴染は「日本人より外人の方がスタイルがいいから、いいよな」と彼が述べていたことを証言している。なお、実際の精神鑑定で医学的なペドフィリア的傾向があるとみなされた例としては奈良小1女児殺害事件の犯人がいる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ペドフィリアとは
ペドフィリアの概念
 言葉と概念の由来
 現在の精神医学での概念
 日常語としての用法
 日本におけるペドフィリアの認識
小児性犯罪者
ペドフィリア性向者の割合
ペドフィリアの類型
ペドフィリアになる原因
ペドフィリアと宗教
 キリスト教
 イスラーム
 仏教
 ヒンドゥー教
関連書籍
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


今夜もハッスル
七咲楓花
サイレンス_(ゲーム会社)
城本久美
レインボーチャンネル
星野紗里菜
Rape+2πr
三和出版
ミネルバの剣士
リチャード・パチェコ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp