エロペディア
「マスクフェティシズム」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■概要

フェティシズム的服装倒錯症は、特定の衣類、もしくはその着用により著しい性的興奮を覚える性的倒錯の一種である。その中で特定の衣類がマスクに限定された場合、このマスクフェティシズムと言える。もともとマスクそのものが近年になって発達した装着具であり、歴史的には新しいものと言える。特に嗜好として際立つものはラバーフェティシズムとオーバーラップするガスマスクに対するフェティシズムであり、愛好者も多い。これは第一次世界大戦以降に用いられた防毒マスクが重く分厚いゴム製であったこと、その装着した姿の異様さなどから発生したフェティシズムの一つである。また近年では医者や歯科衛生士などがマスクをしているために職業的な憧れを内包するマスクフェティシズムも存在している。
もともとアラビア半島などイスラーム文化圏においては女性の顔はチャドルやヴェールで隠されていた。日本においても高貴な身分の人は家臣と直接顔を合わせることはしなかった。こうした歴史的背景から、このフェティシズムを顔を隠した異性への憧憬と解釈すればかなり古くから存在した嗜好ということも言える。そのためマスクをした異性への執着がそのままマスクフェティシズムと言えるかどうかは議論と分析の余地がある。

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マスクフェティシズムとは
概要
傾向
マスクの分類
 拘束的なマスク
 医療的なマスク
 変装具としてのマスク
その他
外部リンク

[5]▲上へ

◆関連ワード


処女
ヌカロク
裸靴下
バター犬
ノーパンしゃぶしゃぶ
パイパン
肉便器
篠崎ひめ
ヘアヌード
松岡真貴

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp