エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■生い立ち

1969年1月5日、オハイオ州カントン(Canton)にて、バーブ・ワーナーの息子として生まれる。父親はカトリック教徒であり、母親は米国聖公会の教会員である。彼の自伝『The Long Hard Road Out of Hell』(日本語訳『マリリン・マンソン自伝 地獄からの帰還』によると、ブライアンの父方はドイツ人とポーランド人を先祖に持つという。ブライアンは母親の信仰でカントンの教区学校:en:Heritage Christian School (Canton, Ohio)に通い、のちに転校するが、1987年に:en:Cardinal Gibbons High Schoolを卒業する。

ブライアンは、両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンやイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。当時の彼が使用していたノートに、「こんな生活やだ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や、教師に何度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらにタトゥーを入れるなどして素行不良になった結果、退学処分となる。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の1つと言われている。彼の周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「彼の服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、無辜の一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身のアブノーマルなマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンテージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から彼は孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。

1990年、ブライアンは二年生大学:en:Broward College(専攻はジャーナリズムと劇文学)に通っていた。この学校でバンドを結成することになる仲間と出会い、バンド活動を始めていく。彼はジャーナリストの地位を目指して努力し、南フロリダ:en:South Florida metropolitan areaの『ライフスタイル』や『25thパラレル』などの雑誌で音楽記事を書いて野外で経験を積んだ。このころに、:en:My Life with the Thrill Kill Kultやナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーと出会う。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫
性風俗関連特殊営業

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp