エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■旧メンバー

・Wes Borland(ウェス・ボーランド)(Guitar)
  2009年5月、リンプ・ビズキットに加入したために脱退。
・Tim Skold(ティム・スコルド)(Live Bass and Guitar)
  2002年、脱退したトゥイーギ・ラミレズの後を引き継ぐが、ラミレズが復帰したことで2008年1月に脱退。
・Madonna Wayne Gacy(マドンナ・ウェイン・ゲイシー)(Live Keyboard)
  マドンナと、ピエロに扮して複数の男児を殺害したジョン・ゲイシーより。
  マリリン・マンソン結成時から加入していたが、2007年8月に金銭的問題でマンソンを告訴。正式な脱退発表はなし。
・Mark Chaussee(マーク・チュウシー)(Guitar)
  2005年、ジョン5の後を引き継ぎ、ツアーでのサポートギタリストとして一時的に参加。
・John5(ジョン5)(Guitar)
  1998年、ジム・ザムの後を引き継ぐが、バンドに内緒でアヴリル・ラヴィーンに曲を提供したためなどを理由に、2003年に離脱の通告を受けて脱退。
・Rob Holliday(ロブ・ホリディ)(Live Bass and Guitar)
  Tim Skoldのポジションチェンジや脱退などの引継ぎで、ツアーでのサポートベーシスト、ギタリストとして一時的に参加。プロディジーなどのサポートベーシストを務めている。
・Zim Zum(ジム・ザム)(Guitar)
  神が不潔な仕事をすること「ジザム」から由来。1995年、脱退したデイジーの後を引き継ぐが、1997年、音楽性の違いやドラック問題があるとされ、脱退。
・Daisy Berkowitz(デイジー・バーコウィッツ)(Guitar)
  テレビドラマ「爆発!デューク」の登場人物であるデイジー・デュークと、ニューヨークにて人々を次々と射殺し、「サムの息子」という別名を用いたデビッド・バーコウィッツより。マリリン・マンソン&ザ・スプーギー・キッズ結成時から加入していたが、1995年に体調不良のため脱退。
・Sara Lee Lucas(サラ・リー・ルーカス)(Live Drum)
  アメリカの大手企業Sara Lee Corporationと、360人を殺したとされる連続殺人者ヘンリー・リー・ルーカスより。
  マリリン・マンソン結成時から加入していたが、結成時前からエイズに感染しており、生活に不意が現れ続けていたため、脱退。
・Gidget Gein(ギジェット・ゲイン)(Live Bass)
  テレビドラマ「ギジェットは15才」の主人公ギジェットと、サイコ、悪魔のいけにえのモデルにもなったエド・ゲインより。
  1990年にバンディの後を引き継ぐが、1992年、金銭的問題で脱退。2008年、薬物の過剰摂取により死去。
・Olivia Newton Bundy(オリビア・ニュートン・バンディ)(Live Bass)
  オリビア・ニュートン・ジョンと、高い知能を持ちながら強姦殺人を繰り返し、警察から2度も逃亡したテッド・バンディより。
  マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ結成時から加入しているが、1990年に脱退。
・Zsa Zsa Speck(ザザ・スペック)(Live Keyboard)
  ザ・ザ・ガボールと、看護婦を好んで強姦殺人を繰り返したリチャード・スペックより。
  マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ結成時から加入していたが、1992年、体調不良のため脱退。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


紋舞らん
性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp