エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■映画とテレビ出演

マンソンはデヴィッド・リンチの映画『ロスト・ハイウェイ』にて、俳優としてデビューしている。以来、彼は『パーティ★モンスター』、当時の婚約者であったローズ・マッゴーワン主演の『ハード・キャンディ』、アーシア・アルジェントの『サラ、いつわりの祈り』、『ブラッド』、そして『:en:The Hire: Beat the Devil』を含む作品にて、様々な脇役での出演および特別出演でその姿を見せる。マンソンはマイケル・ムーアの政治ドキュメンタリー『ボウリング・フォー・コロンバイン』にて扱っているコロンバイン高校銃乱射事件について、マンソンの曲が原因ではないかという申し立てがなされたことについて、ムーアのインタビューに答えていた。マンソンは『クローン・ハイ(:en:Clone High)』というアニメに出演し、MTVの『セレブリティ・デスマッチ(:en:Celebrity Deathmatch)』にて、ショーの非公式の優勝者とマスコットに扮して参加している。クレイアニメによる操り人形を用いて声を演じ、サウンドトラックアルバムに「アストニッシング・パノラマ・オブ・ジ・エンドタイムズ(:en:Astonishing Panorama of the Endtimes)」を寄贈している。

2005年7月、マンソンはローリング・ストーンに「僕は音楽から映画製作に焦点を移してきた。現在、世界が音楽に価値があるとみなしているとは思わない。もはやほかの人間による芸術—とくにレコード会社—を反映したものは作りたくない。自分の芸術を作りたい」と述べた。俳優のジョニー・デップは、映画『チャーリーとチョコレート工場』にてウィリー・ウォンカ役として出演した際に、マンソンのパフォーマンスにひらめきを得て演技に利用した。マンソンは映画のウィリーウォンカ役のデップの演技に興味を示したhttp://www.scifimoviepage.com/art_charlie.html。マンソンは「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルの映画『Phantasmagoria: The Visions of Lewis Carroll』の監督としても活動している。この映画では監督・主演・音楽をマンソン自ら手掛けるもので、アリス役はファション・モデルのリリー・コールである。ウェブのみの公開よりも、約420万ドルの予算を出すことに決め、公開は当初2007年中期を予定していた。映画には、以前発表しなかった曲と、映画オリジナルの音楽が使用される。映画製作は、『イート・ミー、ドリンク・ミー』ツアー後の期間まで延期された。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫
性風俗関連特殊営業

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp