エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■芸術活動

2004年、マンソンは:en:i-Dという雑誌のインタビューにて、1999年より水彩活動を始めたことを語った。2002年9月13日から14日にかけて、ロサンジェルスの現代画展センターにて、マンソン初の水彩画の展示会「ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク」が開かれた。「アート・イン・アメリカ」(Art in America)のマックス・ヘンリーは、マンソンの作品を「精神病患者が芸術療法(:en:Art therapy)として物質援助を受けた」作品にたとえて、著名人として描いたその絵の価値を「彼の作品は美術作品として真剣に受け止められることはないだろう」と述べた。

2004年9月14日から翌15日にかけて、フランスのパリおよびドイツのベルリンにて、2回目の展示会が開かれた。展示品の中心の題名でもある『Trsismegistus』と名付けられた展示会では、大きな3つの頭のキリストが、持ち運び可能な死体防腐処理者のテーブルからアンティークの木の羽目板の上に塗られている。マンソンは自身の芸術運動(:en:art movement)を「Celebritarian Corporation」と自称した。彼は運動のために「俺たちはそこにいる奴らに(俺たちの)恐れを売る」という標語を作った。2005年、マンソンは「Celebritarian Corporation」が正確には1998年に何らかの形で始まっており、7年間培養させていたことを示している、と述べた。

「Celebritarian Corporation」は、3度目の展示会が開催されたロサンゼルスにあるマンソンの美術館と同名であり、「Celebritarian Corporation Gallery of Fine Art」と呼んだ。2007年4月2日から17日にかけて、彼の最近の作品がフロリダ州の「Space 39 Modern & Contemporary」に展示されている。この展示会での40作品はドイツのケルンにある美術館Brigitte Schenkに移され、2007年6月28日から2007年7月28日にかけて公的に展示された。マンソンは展示会の初日の夜に出席するために同地にいたが、ケルン大聖堂への入場を拒絶された。マンソンによると、理由は彼の化粧が原因であったが、別の情報源では複数の理由が挙げられた。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫
性風俗関連特殊営業

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp