エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ディタ・フォン・ティースとの結婚

thumb|150px|ディタ・フォン・ティース
マンソンは長いあいだ、バーレスクダンサーでモデルのディタ・フォン・ティースならびに彼女のウェブサイトのファンであった。2人が初めて出会ったのは、マンソンが自身のミュージックビデオの1つに彼女に出演して踊るよう頼んだときである。それは叶わなかったが、これを契機に2人は連絡を取り合った。マンソンの32歳の誕生日に、ディタはアブサンのボトルを1本届け、両者はカップルとなった。2004年3月22日、マンソンはディタにプロポーズし、1930年代のヨーロッパのダイヤモンドで7カラットのダイヤモンドカット(:en:Diamond cut)の指輪を贈った。2005年11月28日、マンソンとディタは、自分たちの自宅で無宗派(:en:Non-denominational Christianity)による式を挙げ、非公式に結婚した。同年12月3日、アイルランドティペラリー州に住む彼らの友人ゴットフリート・ヘルンヴァインの自宅でより大きな式典が開かれた。結婚式では、映画監督で漫画原作者のアレハンドロ・ホドロフスキーが司会を務めた。伝えられるところでは、2人はリサ・マリー・プレスリー、エリック・スマンダ、ジェシカ(:en:Jessicka)、:en:Christian Hejnal、バーレスクパフォーマーの:en:Catherine D'lishを含むおよそ60人の前で結婚の誓いを交わしたという。花嫁は、スティーブン・ジョーンズとパール・コルセットによるデザインの三角帽子と、ヴィヴィアン・ウエストウッドが作った青みがかった紫の絹の:en:taffetaのガウンを着ていた。モスキーノ(:en:Moschino)はディタのためだけに、週末の残りのあいだにずっとワードローブをデザインしていた。披露宴での音楽は、レトロなドイツのバンドマックス・ラーベ(:en:Max Raabe)が提供した。客たちは、その日の結婚式のあとにスキート射撃(:en:skeet shooting)、アーチェリー、そして鷹狩への招待を受けた。結婚式の写真は、2006年3月号のファッション雑誌ヴォーグの見出し「The Bride Wore Purple」に掲載されたHamish Bowles, "The Bride Wore Purple", Vogue, March 2006 www.helnwein.com/presse/selected_articles/artikel_2551.html


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


紋舞らん
性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp