エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■訴訟

1997年、バンドの元ギタリストであるデイジー・バーコウィッツこと:en:Scott Puteskyは、「アンチクライスト・スーパースター」を含む期間までの自身のバンドへの貢献に対して未払いである著作権使用料を求めて、マンソンを告訴した。この案件は1998年に決着したが、どうなったのかは明らかにされていない。

2000年11月27日、ミネソタ州ミネアポリスでのコンサートの警備員デイビッド・ディアスは、マンソンに暴行されたとして、ミネアポリス連邦裁判所にて75000ドルの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。連邦裁判所の陪審員は、マンソンを「勝訴」とした。

2001年7月30日、マンソンはミシガン州オークランド郡のクラークストン(:en:Clarkston, Michigan)でのコンサートにて、警備員のヨシュア・キースラーに性的不品行(:en:sexual misconduct)を働いたとして告発された。オークランド郡は、当初は暴行罪と性的不品行の罪でマンソンを告訴したが、裁判官は後者を軽犯罪である「風紊乱行為」に引き下げた。マンソンは引き下げられた告訴に対して不抗争の答弁(:en:no contendere)を嘆願して4000ドルの罰金を払い、後日、明らかにされていない条件のもとで訴訟を解決した。

2002年4月3日、マリア・セント・ジョンは、マンソンが彼女の娘ジェニファー・サイム(:en:Jnnifer Syme)にコカインを与えて窃取させ、娘はその状態で車を運転して死んだとして、マンソンをロサンゼルスの上級裁判所に告訴した。

2007年8月2日、バンドの元メンバーのステファン・グレゴリー・ビール・ジュニア(マドンナ・ウェイン・ゲイシー)は、未払いの給料2000万ドルを求めてマンソンに訴訟を起こしている。訴訟の一部の詳細は、報道機関に漏洩した。同年11月、ある新聞社が「マンソンが子供の骨格と人間の皮膚でできたマスクを購入した」と伝えたことで、マンソンに訴訟を起こされた。伝えられえるところでは、ハイイログマ、2体のヒヒといった動物のぬいぐるみ、そしてナチスの記念品(:en:Nazi memorabilia)を買ったという。同年12月、マンソンは、曲の演奏やバンドの宣伝といった、バンドのメンバーとしての責任を果たすことを怠ったとして、ビーアを控訴している。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫
性風俗関連特殊営業

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp