エロペディア
「マリリン・マンソン」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■音楽性

thumb|150px|スロベニアの首都リュブリャナでのライブにて(2007年)
thumb|150px|フランスで開催されたロック音楽祭(:en:Eurockeenes)にて(2007年)
thumb|150px|フローレンスでのライブにて(2007年)
キッス、デヴィッド・ボウイ、ビートルズ、デペッシュ・モード、ゲイリー・ニューマン、キュアー、オジー・オズボーン、ウルトラヴォックス(主にミッジ・ユーロ在籍時代)といった様々なジャンルの音楽から影響を受けている。その中でもボウイは別格の存在であり、『Ashes To Ashes』のPVを「何度見ても色あせることはない」と絶賛している。また「ポートレート・オブ・アン・アメリカン・ファミリー」に、収録されている"Dope Hat"のプロモーション・ビデオは、夢のチョコレート工場から影響を受けているとされている。

彼の音楽は専らハードロックやインダストリアルメタル、オルタナティブロックに分類されるがポップな要素を多く含んでいる。アルバムごとに、全くといっていいほど音楽性を変える。マンソン独自の世界観と哲学を反映させた歌詞も特徴。彼の音楽性や哲学、カリスマ性はジャンルを問わず、国内外のアーティストに影響を与えている。

コンサート活動には非常に精力的で、大規模な仕掛けや趣向を凝らした演出を欠かさない。紋章入りの真っ赤なたれ幕と黒焦げの星条旗の前で、ナチスさながらに壇上で歌い叫ぶ。ファンには喜ばれるが、聖書を破り捨てるなどの演出から、ライブ会場の前にてキリスト教の団体による抗議デモが見られることが珍しくない。また、ヨーロッパでのツアーでは豚の血を会場に撒くなどの過激な演出でマスコミからもバッシングされた。

カバー・楽曲提供

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

マリリン・マンソンとは
生い立ち
音楽
映画とテレビ出演
芸術活動
ビデオゲーム
アブサン
私生活
 ディタ・フォン・ティースとの結婚
 離婚
訴訟
音楽性
 カバー・楽曲提供
マリリン・マンソンとキリスト教
嗜好
メンバー
 旧メンバー
年譜
来日・日本での活動
ディスコグラフィー
 スタジオ・アルバム
 ベストアルバム
 ライブアルバム
 DVD
書籍
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


紋舞らん
性的ロールプレイ
受身_(性風俗)
風俗店
白線_(性風俗)
藤咲あいな
オナペット
キャバレー_(接待飲食店)
風俗店
大槻雫

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2020 eropedia.jp