エロペディア
「ロリータ・コンプレックス」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ロリコンの普及と分化

こうして80年頃から幼少女への性愛をあつかった表現が人気を集め、ロリータ・コンプレックス、ロリコンという言葉は急速に世に氾濫し一般化した。日活が「にっかつロマンポルノ」作品として1983年に『ロリコンハウス おしめりジュンコ』(青木琴美主演)という作品を作ったり、漫画では内山亜紀(=野口正之)『ロリコン・ラブ』のようなメジャーなヒット作品も現れた。

この80年前後から84年までは「ロリコン・ブーム」とよばれ、多くの写真集・雑誌・特集本などが出版された。この時代のロリコン特集本はなお、ロリコンの名の下に写真から漫画、文章まですべてひっくるめて含んでいることが多いが、他方このブームのさなかにロリコンをめぐる表現は急速に分化し、商業誌のレベルでも嗜好の違いが明確になって棲み分ける現象が進んでいった。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

ロリータ・コンプレックスとは
概説
言葉の由来
オタク文化としてのロリコン
 ロリコンの普及と分化
 ロリコン漫画の発展
 日本での法規制
 性犯罪とロリコン
少女への性愛としてのロリコン
 文化における禁忌としてのロリコン
 ロリコンの原因
 日本文化と少女愛
関連書籍
関連項目
 感情複合
 性愛
 文化
 その他
脚注

[5]▲上へ

◆関連ワード


甘衣かおり
桜沢まひる
真鍋あや
笠木忍
上村愛
田中美久
松本コンチータ
君嶋もえ
星月まゆら
ヴィクトリア・ズドロック

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp