エロペディア
「乳房」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■他の哺乳類の乳房

哺乳類の乳腺の発達する部位は、左右対称に前足の腋の下から後ろ足の間、恥骨に続く乳腺堤と呼ばれる弓状の線上にある。この上の発達部位の中で、それぞれ哺乳類の種によって、特定のいくつかが発達する。前の方が発達する場合、子供は前足の腋の下に口を突っ込むことになるし、後ろが発達すれば、腹部下面や鼠径部に乳房が並ぶことになる。

一般的に多産の動物ほど乳房の数は多く、牛は4つ、熊は6つ、犬は8つ、豚は14個存在する。ただし、個体差が大きく必ずしも個数や位置は一定ではない。乳頭と子が産直後に固定されるものもある。

なお、ヒトにおいても極く稀に本来の発達部位より前(主に脇の下の部分に生じるが、同様に乳腺堤上にあたる腹部の左右から股関節にかけての部位に生じる場合もある)に1対(複数発生例もあり、最大で9対生じる事もあるという)の乳頭を持つ例があり、「副乳」と称される。稀に膨らむ場合もあるが、ほとんどの場合が発達せずホクロのように見える。これは現在、哺乳類でもある人類の、地球上での出現・進化と深く関連していると推測されている。

哺乳類の乳房の所在箇所

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

乳房とは
概要
ヒトの乳房
 概観
 乳房の構造
  乳房の成長
 性的アピールとしての役割
  その進化と議論
 乳汁の分泌とその調節
 乳房の保護
他の哺乳類の乳房
 哺乳類の乳房の所在箇所
疾患
文化

[5]▲上へ

◆関連ワード


チャットH
乳房マッサージ
胸ポチ
金津園
麻丘千夏
天乃ゆり
クリスタル映像
千葉なぎさ
小池ちなつ
岡本千夏

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp