エロペディア
「先輩と私」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■概要

バイセクシャルでありオナニストである著者が、フェミニズムとレズビアニズムへの偏見を払拭するとともに、自慰は人類最高の発明であり娯楽であると主張した作品である。元来、フェミニストやレズビアンと、中年男性(いわゆるオヤジと呼ばれる層)は対立するものだとされてきた。だからこそ著者は、『問題小説』から官能小説の執筆依頼がきた際に、『問題小説』の主な読者対象である中年男性に「フェミニズム・ネタとレズビアン・ネタで笑ってもらって、さらにその小説を自慰のオカズにしていただけたら、楽しいなぁ…」と思い、本作を書いたという。

当初は一話限りの短編として掲載されたが、編集者に作品を気に入られ、シリーズ化されるに至った。レズビアンを描いた作品では近年、当たり前のこととなっているが、登場人物は女性ばかりで、男性は主人公の行きつけの喫茶店のマスターのみとなっている。

なお、著者はフェミニズムやレズビアニズムを肯定し、崇拝しているが、他者への不当な弾圧により成り立つ一部の過激な考えのフェミニストらはむしろ否定していると後書きで述べている。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

先輩と私とは
概要
ストーリー

[5]▲上へ

◆関連ワード


セキレイ_(漫画)
僧衣を脱ぐ日
師走の翁
加護あいり
フランス書院コミック文庫
藤本聖名子
THE_レイプマン
SODクリエイト
筒見友
進藤玲菜

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp