エロペディア
「冥王計画ゼオライマー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■概要

内容としては、巨大ロボットと美少女が登場する典型的パターンの体裁を採っているが、作者としては壮大な設定とストーリー構想をもっていたらしく、作中に様々な伏線を張っていた。しかし諸般の事情で、連載は半ば打ち切りに近い状態で終了。久保書店版の単行本化に当たっては、連載時後期の伏線などは削除され、また最初期の連載部分の一部は完全に変更されている。

2004年9月22日発行の角川書店「comic新現実」vol.1に『冥王計画ゼオライマー 最終章』の冒頭より18ページを掲載。2007年4月19日発売の徳間書店「月刊COMICリュウ」2007年6月号より3号にわたって前・中・完結篇の3部構成で短期集中連載され、およそ23年に渡る物語を完結させた後、完全版の単行本が発売された。なお、同誌では2008年11月号から、生誕25周年記念として新シリーズ『冥王計画ゼオライマーΩ(オメガ)』(原作:ちみもりを、作画:ワタリユウ)の連載が開始されている。

1988年から1990年にかけては、18禁要素をほぼ排除し、基本設定のみを流用してOVA化された(OVA版の節を参照)。
後年、OVA版の設定で2004年には『スーパーロボット大戦MX』に、2005年には『スーパーロボット大戦J』に登場。この際に、発表当初は未設定だった次元連結砲の名称など、一部の設定を作り起こしている。




[4]前へ [6]次へ 
◆目次

冥王計画ゼオライマーとは
概要
漫画版
 ストーリー
 登場人物
 鉄神
 書誌情報
OVA版
 ストーリー
 スタッフ
 主題歌
 各巻タイトル
 登場人物
  ラスト・ガーディアン
  鉄甲龍(ハウドラゴン)
 登場メカニック
  OVA版登場ロボット
  その他のメカ
  OVA本編外の機体
 ドラマCD
幻のサンライズ版

[5]▲上へ

◆関連ワード


上村ひな
鈴木あすか
長谷川ちひろ
佐伯奈々
秦由圭
村上みわ
浜野蘭
堤あき
吉岡美奈
きららかおり

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp