エロペディア
「冥王計画ゼオライマー」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■鉄甲龍(ハウドラゴン)

◆幽羅帝(ゆうらてい)
 声 - 荘真由美
 鉄甲龍の長を務める少女。耐爬とは夜な夜な肌を重ねるほどの相思相愛だが、立場上は彼を特別扱いするわけにも行かないためにあえて冷たく振る舞い、長としての立場を貫く。しかし耐爬に対する想いは非常に強く、彼が出撃する度に無事の帰還を祈り、涙を流すほど。かつては先代の長の下、八卦衆の一人として天のゼオライマーに搭乗する予定だった。その正体はマサトと同様、マサキが自らの野望のために造ったマサキ自身の複製。マサトやラスト・ガーディアンへの執着や憎悪も、全てマサキに仕組まれたものであった。そのため、最後に全てを終わらせるべくあえて冥王計画を実行することで、マサトや美久と共にメイオウ攻撃による大爆発の中に消える。
 なお、当初は美久と瓜二つの容姿に設定されており、二重の意味での複製であったことが、設定資料集内で菊池通隆により明かされている。
 『スーパーロボット大戦J』では、ハウドラゴン(もしくはグレートゼオライマー)に搭乗し、マサトと決着を付けるために最後の決戦に赴く。
◆耐爬(たいは)
 声 - 鈴置洋孝
 八卦衆の一人で、風のランスターのパイロット。幽羅帝とは幼い頃忍従を勤めていたこともあり、本編の時点では恋人同士。ただし幽羅帝が鉄甲龍の長という立場であることから、他の八卦衆からは色眼鏡で見られることも多い。幽羅帝は恋仲を鉄甲龍全体に認めさせるべく、耐爬を八卦衆第一の刺客に指名するが、ランスターはマサキの人格が覚醒したゼオライマーに敵わず、メイオウ攻撃で耐爬ごと消滅。訃報に泣き崩れる幽羅帝は、マサトやラスト・ガーディアンへの復讐を誓うのだった。
◆シ・アエン、シ・タウ
 声 - 佐久間レイ(アエン)、佐々木優子(タウ)
 八卦衆に名を連ねる双子の姉妹。二人は瓜二つの美貌だが服の色とワンレングスの分け方が異なり、バストサイズはアエンのほうがタウより大きい。
 アエンは火のブライストのパイロットで姉に当たる。タウとは戦闘の際には厳しい態度を崩さない優秀な戦士だが、タウ自身に対してはとても優しい姉である。
 タウは水のガロウィンのパイロットで妹に当たる。アエンに対してのコンプレックスがとても強く、異常なまでの対抗心を燃やしていたが、それもまたマサキに仕組まれたもの。アエンの自身への想いを理解したのは、共にメイオウ攻撃で消滅する直前であった。
◆葎(りつ)
 声 - 速水奨
 八卦衆の一人で、月のローズセラヴィーのパイロット。「男の中の男」になりたいという強さへの願望と、それに相反する大人しく美しい女顔の両方をマサキに造られたために仮面で顔を隠し、八卦衆の中でも特に彼を憎悪している。耐爬やシ姉妹の人格などがマサキに作られたものであることを、個人的に調べ上げていた。ローズセラヴィーの高い性能もあって、ゼオライマーをあと一歩という所まで追い詰めるが、マサトの人格の変貌や次元連結システム(美久)のゼオライマーとの連結に動揺し、メイオウ攻撃の前に消滅する。
◆ロクフェル
 声 - 勝生真沙子
 八卦衆の一人で、地のディノディロスのパイロット。祗鎗の想いに気付くも、塞臥を戦士として敬愛している美女。マサキに真実を告げられディノディロスが両腕を失い中破しても、その思いを貫こうとゼオライマーに特攻を掛けるが、次元連結砲でコクピットを撃たれて死亡する。
◆祗鎗(ぎそう)
 声 - 玄田哲章
 八卦衆の一人で、山のバーストンのパイロット。貫禄があり口数の少ない巨漢で、塞臥とは犬猿の仲。叶わぬと知りつつもロクフェルに想いを寄せている。ロクフェルの死に逆上してゼオライマーに特攻を掛けるが、塞臥共々消滅させられる。
◆塞臥(さいが)
 声 - 塩沢兼人/山崎たくみ(スーパーロボット大戦シリーズ)
 八卦衆の一人で、雷のオムザックのパイロット。常に他のメンバーへ挑発的な態度を取る。野心や功名心が強く、そのためならマサキに仲間となるよう持ちかけたり、ロクフェルの愛を利用することも辞さない。だが、そのロクフェルが次元連結砲で無に帰ったとき、利用されていたことに怒りを爆発させた塞臥は叫びながらゼオライマーに特攻、自身も同じように果てた。
◆ルラーン
 声 - 辻村真人
 鉄甲龍の八卦メカ開発者。気弱だが、自分の思っていることは口にする性格。かつてマサキと共に八卦ロボを開発していたが、マサキが脱走する際にそれらを破壊していったため、現在の機体は彼の再設計によるものである。美久の身体の秘密やマサトと幽羅帝の出生の秘密を全て知っており、当初は幽羅帝を復讐の道具として使うつもりだったが、何時の間にか彼女のことを実の娘のように想っていた自分に気付き、苦悩していた。最終巻で全ての真相を幽羅帝に話すと、隠し持っていた拳銃で自殺。
 『スーパーロボット大戦J』では、密かに全八卦ロボの能力を統合させた究極の八卦ロボ「ハウドラゴン」(もしくは「グレートゼオライマー」)を開発しており、それを幽羅帝に託した後に自殺する。
 ちなみにドラマCD『大冥界』では、幽羅帝と耐爬の絡みを盗撮するというお茶目な一面も見せる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

冥王計画ゼオライマーとは
概要
漫画版
 ストーリー
 登場人物
 鉄神
 書誌情報
OVA版
 ストーリー
 スタッフ
 主題歌
 各巻タイトル
 登場人物
  ラスト・ガーディアン
  鉄甲龍(ハウドラゴン)
 登場メカニック
  OVA版登場ロボット
  その他のメカ
  OVA本編外の機体
 ドラマCD
幻のサンライズ版

[5]▲上へ

◆関連ワード


オナ・ジー
神代しずく
MOODYZ
小倉杏
坂本ハヤト
ホストクラブ
野々宮りん
甘衣かおり
桜沢まひる
真鍋あや

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp