エロペディア
「処女喪失」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■処女喪失の受け止め方の推移

万葉集、源氏物語の記述から、古来より日本では未婚女性のセックスを不道徳とみなし様々な不利益が存在した、一夫一婦制が民法に定められた明治以降もこの傾向は変わず、1970年代頃迄、未婚女性は処女を保つことが尊ばれていたが、フェミニズムの台頭、アメリカよりウェストコースト、ヒッピー文化(フリーセクスを含む自由恋愛思想)を女性雑誌メディアやマスコミが喧伝した為、成人前に処女を喪失するのが格好いい、男性にもてる証拠と言った誤った風潮が生まれ、安易な性行為に走る女性が増加した。その後は自由恋愛と不特定多数との乱れたセックスを行う女性が徐々に増えていった。ちなみにHIV感染者の割合が増えているのは先進国では日本のみ。性に奔放になった事とHIVの増加にはもちろん大きな関係が見られる。

このため、実態は個人で大きく異なったものの、若者の間で安易な性行為が広まったため、近年までは婚前交渉が当然のことのように錯覚している若者が多かったが、現在(2008年)では、HIVなどの性感染症の知識の広まり、晩婚化の進行などによって結婚を冷静に見定める男性が増え、処女であることを結婚の条件に挙げる男性割合が増加している。性行為目的の時の男性意識を別とすれば、男性自身が真剣に恋愛、結婚対象として選んだ恋人、或いは妻となった女性が処女であることを喜ばない男性は殆どいない。

また女性側も性に奔放であることは、一部の性に奔放な男性にだけ好都合だった事に気づき、結婚前の性交渉を控える層が生まれている。このため、女性の処女喪失時期の差は大きくなっている。一定年齢を超えたセックスの経験のない女性に対する高齢処女という呼称も登場している。

処女喪失した女性が、処女膜再生手術(膣口の粘膜の一部を縫い合わせる手術)を受ける場合もあるが、美容整形と同様治療の範疇には入らない行為である。

処女喪失は、一生に一度のことであるとともに、殆どの場合、痛みと出血を伴う。また、男性のように、ソープランドで気軽に初体験することもできない。また男性側の結婚条件としても根強い事からも、処女喪失は、男性以上に、女性の人生の節目となる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

処女喪失とは
同義語
処女喪失の受け止め方の推移
処女喪失の痛みと出血

[5]▲上へ

◆関連ワード


ビットギャグ
松沢ひとみ
若宮莉那
二村ヒトシ
小泉キラリ
アヴァ_(企業)
蛯原朱里
双葉このみ
寺尾佑理
水野礼子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp