エロペディア
「処女」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■現代における用法

女性が初めて性行為を経験することを「処女を失う(なくす・喪失する・奪われる・捧げる・捨てるどちらかといえば「失う」「なくす」「喪失する」が中立的、「奪われる」は女性本人の意思に反した受動的・不本意な状況、「捧げる」「捨てる」は女性の側の同意ないしより積極的な願望によるというニュアンスを含む。)」あるいは単に「処女喪失」、また「ロストバージン」これは和製英語であり、同様の意味を英語で表現するとすれば「lose virginity」あるいは「loss of virginity」となる。なお「処女喪失」に対応する英単語は「defloration」。などという。また最近では、若年層を中心に「処女卒」という言い方も流布しているblog.livedoor.jp/zarutoro/archives/50402290.htmldetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210726892その動詞化した用法として「処女卒する」、またはより砕けて「処女卒った」等。。

初体験以来の性交経験がない(あるいは極端に少ない)女性の状態を「セカンド・バージン」と呼ぶ。

アナルセックスしか経験していない女性をも「処女」と呼ぶことがある。これは、あくまでも陰茎を挿入する事のみを性行為と限定しての考え方である。逆に、に挿入された経験はあるが、アナルセックスを経験していない女性を「アナルバージン」と呼ぶこともある。アナルバージンと区別するために、本来の処女を「リアルバージン」と呼ぶこともある。

処女膜」という日本語自体が示すとおり、しばしば、女性が性行為を初めて経験する場合は処女膜の損傷と出血を伴うものと認識されていることが多いが小説や映画、ドラマ等でも、劇的な体験を効果的に表現するためそのような描写、演出がされることが多く、イメージの補強ないし再生産に一役買っている。、実際には性行為を経験しても処女膜が損傷しない場合もあるし、逆に性行為以外の原因によって処女膜が損傷する場合もある。詳細は処女膜の項目参照。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

処女とは
語源と用法
 語源および過去における用法
 現代における用法
思想・宗教・文化における処女
進化的な観点からみた処女崇拝
伝統・民俗における処女
転用
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


相葉まよ
HIKARU
香椎杏子
立花れん
川本英雄
杉森風緒
林里菜
姦淫
朝宮涼子
死のロンド_-オオカミと羊-

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp