エロペディア
「加藤鷹」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■経歴

秋田県秋田市出身。秋田市立秋田商業高等学校卒業。秋田ビューホテルでホテルマン生活を送っていたが、映像の仕事に憧れて週末に結婚式場での撮影の仕事を始める。1988年に東京へ、カメラマン志望で映像プロダクションに面接に行ったところ、AV会社を紹介されて撮影スタッフ(AD)の仕事をしたり、メーカーの営業をしたりしていたが、カメラマンとしての将来に悩みチーフカメラマンに相談したところ、面倒見の良さを買われて男優への道を勧められて転身した。

1996年、オレンジ通信男優賞。1999年には第8回東京スポーツ映画大賞 主演AV男優賞を受賞した。

2002年、TBS系のテレビドラマ『木更津キャッツアイ』には本人役でカメオ出演。

2002年1月より、LaLa TVにてタレントの山田邦子および医師の北村邦夫と『パーフェクトH』にレギュラー出演。

2004年には秋元奈美によってその半生が漫画化された。(『-鷹-5000人を抱いた男 AV男優・加藤鷹物語』2004年5月13日発行)

2006年より、週刊プレイボーイにて『TAKA その男、タカ 加藤鷹ゴールドフィンガー伝説』(作画:もんでんあきこ、原作:加藤鷹)が隔週で半生が連載されている。

2006年、GyaOジョッキーにて冠番組『加藤鷹のオマーン★コーナーキック』(旧題:『加藤鷹のゴールドフィンガー伝説(仮)』)が配信される。

2007年12月、GyaOにて、カリスマAV男優・加藤鷹に迫るオリジナルドキュメンタリー「6000人を抱いた男 -AV男優・加藤鷹-」が公開される。このドキュメンタリーでは、初挑戦したAV監督業にも密着。

写真誌『フライデー』(2000年2月18日号)で、人気AV女優の麻生早苗と極秘結婚をしていたと報じられたが、同記事では加藤は事実関係を否定、麻生も1児がいることは認めたものの、加藤との関係は確認を避けている。以後両者公式に結婚を認めたことはなく、加藤は2005年の週刊誌インタビューで、1度も婚姻届を出した経験はないと表明している。ただし、上記「週刊プレイボーイ」の連載では相手の名前は出していないものの「俺は一時期、結婚していた」と語っている。著者『エリートセックス』のサイン会を行った際、5年半にわたり事実婚をしていたが、子供ができず破局していたことを明かした。これは麻生ではなく、樹まり子であると思われる。『TAKA その男、タカ 加藤鷹ゴールドフィンガー伝説』(作画:もんでんあきこ、原作:加藤鷹)に記載。

F1好きとして有名で、2003年のF1日本グランプリではF1雑誌にインタビューを受けている。

2007年、愛音ゆう主演の「スーパースターはロリが好き」でAV監督デビュー。第3回D-1クライマックス選出作品で結果は14作品中8位。本人曰く、これが最初で最後の監督業。

2008年、Jファンク・バンド「コダマセントラルステーション」の1ST ALBUM「Funk You!」(2008年3月5日発売)のジャケットに参加。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

加藤鷹とは
経歴
人物
エピソード
出演
 テレビ
 WEB
作品
 書籍
 コミック
 監督作品
受賞歴
脚注・出典
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


ダッチワイフ
イオンプロモーション
Cheers!
COMICパピポ
深夜アニメ
射精
強姦罪
精霊特捜フェアリィセイバー
IROKOI
マスクフェティシズム

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp