エロペディア
「加藤鷹」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■人物


*日本で最も有名なAV男優であり、アダルトビデオ業界で初めて「潮吹き」というジャンルを確立した人物でもある。その秘技は「ゴールドフィンガー」とも呼ばれる。「加藤鷹十番勝負」など、男優名が冠になったAVが発売されている。
*手と爪の手入れにはかなり気を使っており、毎日入念な手入れをしていると言われている。特に爪は深爪になるほどまで切り、整えている。そのため、服のボタンが外しにくいと語っている「加藤鷹のオマーン★コーナーキック」(GyaO)。グッズ販売店等で、本人の手から型を取った「加藤鷹の手」という商品が売られている。
*「目のラインより耳の位置が低い人ほどHだ。」など独自の理論を展開。
*AV男優という仕事上、エイズ検査を含む全ての性感染症の検査を、年に15回以上受けている。
*絡みの最中の喋り声や喘ぎ声が必要以上に大きく、オナニーに集中したい視聴者からすれば非常に耳障りで、また視聴者が聴きたい女優の喘ぎ声やフェラの音をかき消しているため、「加藤鷹出演の作品は買わない!」という声が多く聞かれているのも事実である。
・ できちゃった婚や、それを「おめでた婚」と祝福するマスコミを批判している。そのため、辻希美・杉浦太陽や、2人を祝福したマスコミを痛烈に批判した。しかしこれには「AV男優に言われたくない」などの批判もある。
*所有する資格は珠算2級、英検2級、簿記3級、情報処理2級、柔道初段、合気道初段、JAF四輪国内A級ライセンス、日本プロ麻雀連盟4段。。
*「噂の真相」(現在は休刊)の2003年2月号でのインタビューで、現場で過去に唯一勃起しなかったのは樹まり子との絡みの時だったと告白。それは加藤が樹に真剣に惚れてしまったからだと述べている。また過去に出演した2500本余りの作品の中で印象に残っている作品は『いんらんパフォーマンス 巨根vs性豪』と『密教昇天の極意』の2本を挙げており、この2本の作品はいずれも代々木忠の監督作品である。樹とは一時期同居、あるいは事実婚状態にあると一部マスコミで報道されたが、報道から間もなく、2人の蜜月関係は破綻したとされる。
**また加藤は、真にAV男優として開眼させてくれた人物として代々木を挙げており、「俺は代ゼミ(進学予備校の代々木ゼミナールとかけて)出身だから。」と語り、今でも敬愛していると述べている。
**また、このインタビューで飯島愛を、「嘘ばかり書いた本(プラトニック・セックス)を出して、自分を育ててくれたAV界を足蹴りにしたような女は俺は嫌いだ!」と痛烈に非難している。だが、現在は和解しており、飯島が芸能活動を引退することを発表した際には、労いの言葉もかけていた。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

加藤鷹とは
経歴
人物
エピソード
出演
 テレビ
 WEB
作品
 書籍
 コミック
 監督作品
受賞歴
脚注・出典
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード



乳房
エッチ
早瀬ゆかり
真金町
真金町
ノーパン
吊り責め
風船フェティシズム
ゆり&まり

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp