エロペディア
「吊り責め」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■吊りの方法

吊り責めを受ける被疑者は、まず上半身を露出させられ、後ろ手に縛られる。このとき手は平行にされ、肩のあたりに持ってこられてグルグル巻きにされる。さらに腕を半紙で巻き、その上から青い細引き縄で縛られる。この細引き縄を天井の滑車にかけ、被疑者を吊るして拷問する。箒尻で打つこともあるが、水をぶっかけたり、弓の折れで腹を殴ったりといったこともなされた。ちなみに吊るし方は爪先が一寸浮くくらいであるが、拷問が長時間にわたるとその爪先から血が滴り落ちたという。
一般的なイメージでは両腕を束ねて頭上に持ち上げ吊るす、というものが多い。ただしこの吊り方では体重を支えきれず肩を脱臼する可能性が高い。そのため多くの吊り方がある。吊り方一覧参照のこと。


[4]前へ 
◆目次

吊り責めとは
概要
吊りの方法

[5]▲上へ

◆関連ワード


辻あずき
裸エプロン
わいせつ
穂花
鮎川なお
膣口
ウェット&メッシー
処女
ヌカロク
裸靴下

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp