エロペディア
「売春」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■女性

日本の娼婦(遊女)には古来より数多くの呼称があり、古く『万葉集』には、「遊行女婦(うかれめ)」の名で書かれている。
中世には、「傀儡女(くぐつめ)」や「白拍子(しらびょうし、はくびょうし)」「遊女(あそび)」「傾城(けいせい)」「上臈(じょうろう)」などと呼ばれていた。その他「女郎(じょろう)」、「遊君(ゆうくん)」、「娼妓(しょうぎ)」という呼称もある。特に古代から江戸時代前期においては、女性芸能者を兼ねる者、高い芸事や教養を兼ね備えたものも多かった。
出雲阿国歌舞伎なども売春婦である。江戸時代女性による歌舞伎が規制され、野郎歌舞伎へと変遷した理由の一つである。

遊女屋が権力の統制と保護を受け、遊郭として1箇所に集められたのは近世(安土桃山時代)以降のことである。

明治維新の後、1872年(明治5年)、マリア・ルーズ号事件が発生。ペルーの汽船が横浜港外に碇泊した際、船内における中国人苦力に対する奴隷扱いに対し、「虐待私刑事件」として日本の外務省管下で裁判を行った。裁判中、被告船長ヘレイラの代言人の申し立てのなかで、「日本が奴隷契約が無効であるというなら、日本においてもっとも酷い奴隷契約が有効に認められて、悲惨な生活をなしつつあるではないか。それは遊女の約定である」と、遊女の年季証文の写しと、横浜病院医治報告書を提出した。特命裁判長だった神奈川県権令大江卓は「日本政府は近々公娼開放の準備中である」と公娼廃止の声明を世界に誓約する(吉見周子著『売娼の社会史』より)。1872年10月2日、芸娼妓解放令が出された。遊女の人身売買の規制などを目的とした法令だが、準備期間が全くないまま唐突に発せられた点は否めず、法令としてはあまり機能しなかった。少女は4歳程度から客をとらされるものもいた。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

売春とは
売春の歴史
 世界史における売春
 日本史における売春
  女性
  男性
  女衒
売春防止法
買春
日本の売春の現状
 児童相手の買春行為
 日本国内の外国人売春
世界の売春事情
 アジア諸国の事情
  台湾の事情
  北朝鮮の事情
  韓国の事情
  中国の事情
  ミャンマーの事情
  カンボジアの事情
  モンゴルの事情
  インドの事情
 オセアニア諸国の事情
  キリバスの事情
  オーストラリアの事情
  ニュージーランドの事情
 ヨーロッパ諸国の事情
  オランダの事情
  ベルギーの事情
  イギリスの事情
  スイスの事情
  フランスの事情
  ドイツの事情
  イタリアの事情
  スペインの事情
  デンマークの事情
  ギリシャの事情
  チェコの事情
 北アメリカ諸国の事情
  アメリカの事情
  カナダの事情
 南アメリカ諸国の事情
  チリの事情
  ブラジルの事情
  メキシコの事情
動物行動学と売春
売春を扱った作品
参考文献

[5]▲上へ

◆関連ワード


都市伝説一覧
ローションプレイ
絶対女王にゃー様
金益見
Kay.
秋川ルイ
h.m.p
ケリー・マディソン
トリシア・デヴェロー
パーフェクト・チョイス

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp