エロペディア
「夜這い」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■夜這いとは

夜這い(よばい)とは、夜中に性交を目的に他人の寝ている場所を訪れること(ほとんどの場合、男性が女性のもとへ通う)。一般に昭和初期までおもに西日本の農村地帯で見られた習俗。

婚、嫁、結婚などの字を古くは「よばふ」「よばひ」と呼んだ。これは「呼ぶ」の再活用形で「つまどい」「つままぎ」などの語と共に求婚の為に男が女のもとに通う事を意味した。昔の婚姻は結婚後も男が女のもとに通うのが普通であり、この事も「よばい」と言われた。「夜這い」という字が当てられるようになると、この行為は親や相手の承認なしに異性の寝所に忍び込んで、セックスに及ぶことを指すようにになるが、この中には当然、強姦・婦女暴行という強行犯罪にあたるものが多数ある。

  [6]次へ 
◆目次

夜這いとは
概要
民俗学の研究

[5]▲上へ

◆関連ワード


もっと桃っ娘
実話誌
暗室_(映画)
牧本千幸

乳房
エッチ
早瀬ゆかり
真金町
真金町

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp