エロペディア
「女教師」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■概要

もともと日本語においては、海外の言語と違い女性語尾をつけてまで性差を強調する必要は無かった。これは圧倒的な男性優位社会において、女性の社会進出がほとんど見られなかったという文化的背景もある。しかし大正以降に女性の社会進出がわずかずつ見られる中で、性差を強調した方が都合のよい場合が出始めた。そのため、職業の前に女性と認識できる語を追加することが盛んに行なわれていた(女給・少女車掌など)。また、1872年(明治5年)の学制公布以来、教師は聖職であり権威ある男性の仕事という社会通念が強かったために、文字メディアでは教師は女性とわざわざ断らなければ男性と誤認されることも少なくなかった(日本初の女教師はこの年に誕生したとされている)。いずれにせよ通俗的な表現であり、性差を強調する必要が無ければ使用されない言葉なので、文部科学省の教育指導要領を始め公文書で女教師という表現は存在していない。しかし現在でもイエロージャーナリズム的な週刊誌や性風俗産業、もしくは女性権利団体の影響下にある集会などにおいて自然に使用されている。

小説においてこの類の言葉が用いられたもので有名なものには『二十四の瞳』の「おなご先生」がある。




[4]前へ 
◆目次

女教師とは
概要

[5]▲上へ

◆関連ワード


安倍なつき
獣皇
むらさき真珠
ジョーダン・マックナイト
セックスワーカー
ケリー・ニコルズ
春菜まい
みひろ
サマンサ・フォックス_(ポルノ女優)
利用者:Etsudi

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp