エロペディア
「強姦罪」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■裁判実務

判例によれば、強姦罪の暴行・脅迫については「相手方の抗拒を著しく困難ならしめる程度のものであれば足りる」として、強盗罪にいう暴行・脅迫のような「相手方の抗拒を不能ならしめる程度」までの強度でなくともよいとする(最判昭24年5月10日刑集3巻6号711頁)。現在の判例・解釈の主流は、この判決を基本にしたものがほとんどとなっている。




[4]前へ [6]次へ 
◆目次

強姦罪とは
強姦罪一般
 強姦罪の歴史
 韓国の処罰例
 各国の処罰例
日本法における強姦罪
 定義
 主体
 客体
  客体が13歳未満の女子の場合
 実行行為
  暴行・脅迫
  姦淫
 強姦致死傷罪
  結果的加重犯
  殺意がある場合
 未遂等・強盗強姦罪
 親告罪
 法定刑
 罪数に関する判例
 裁判実務
  裁判実務における問題点
  刑法と判例法理の背景
 近時の改正の動きと立法論
  2004年改正まで
  強姦の定義の見直し
  夫婦間、DVとの関連
  現行法の問題点
 国際的批判
 男性差別
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


ピアス
ビデオパブ
カラフルキッス_〜12コの胸キュン!〜
ニューハーフ童貞狩り
デラエロパラ
常夏みかん
結城マリア
瀬戸ひなた
桧山すず
冴樹高雄

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp