エロペディア
「強姦罪」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■裁判実務における問題点

・ 被疑者・被告人となった男性が合意(いわゆる和姦)を主張する場合、被害者および検察側が暴行・脅迫の事実や、被害者が抵抗した事実の立証を強いられる困難に関する論議は尽きていない。

・ 強姦罪の大部分は、知り合いの間で発生していることから、性行為に至る経緯を詳細に調査しないと、合意の有無を判断することは難しい。また、性行為が行われる状況では、通常、目撃者が少ないといった問題もある。

・ たとえとしてよく言われる例に、強盗被害者は「強盗された側が悪い」と言われないにもかかわらず、強姦被害者が法廷や取り調べの場で、加害者につけいる隙をつくったか否かを詮索されたり、被害者が異性との交友関係、性体験の有無について詮索されるのはおかしい、という指摘があり、事実裁判実務上でもこのような例は後を絶たない。こういった場合において被害者の性的プライバシーが公表されて心理的な性被害を受けることを防ぐため、米国のいくつかの州においてみられるような被害者の過去の性体験を被告人側が持ち出すことは禁じる法律の制定を求める意見がある。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

強姦罪とは
強姦罪一般
 強姦罪の歴史
 韓国の処罰例
 各国の処罰例
日本法における強姦罪
 定義
 主体
 客体
  客体が13歳未満の女子の場合
 実行行為
  暴行・脅迫
  姦淫
 強姦致死傷罪
  結果的加重犯
  殺意がある場合
 未遂等・強盗強姦罪
 親告罪
 法定刑
 罪数に関する判例
 裁判実務
  裁判実務における問題点
  刑法と判例法理の背景
 近時の改正の動きと立法論
  2004年改正まで
  強姦の定義の見直し
  夫婦間、DVとの関連
  現行法の問題点
 国際的批判
 男性差別
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


ピアス
ビデオパブ
カラフルキッス_〜12コの胸キュン!〜
ニューハーフ童貞狩り
デラエロパラ
常夏みかん
結城マリア
瀬戸ひなた
桧山すず
冴樹高雄

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp