エロペディア
「強姦罪」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■現行法の問題点

現行の強姦罪に関する確定した判例実務では、男性器女性器に挿入されたことをもって強姦罪の既遂とする。そのため当初から肛門に男性器を挿入することを意図した場合や、被害者が男性の場合には強姦罪は適用されず、一般により犯情が軽いとされる強制わいせつ罪にとどまる(前段につき、東京地判平成4年2月17日参照)。妊娠に関する危険の差異をもってこの区別を合理的とする見解もあるが、現在ではアフターピルの服用などで妊娠は防げるようになっており、被害者の受ける心身の苦痛にそれほどの差異があるものではないとの反論もある。

・関連事件
  2003年7月29日、多摩地区を中心に15件の婦女暴行を繰り返した36歳(当時)の男性が、警視庁捜査一課により逮捕された。女性の肛門に男性器を挿入する手口で犯行に及んだため、強制わいせつ致傷の罪に問われたものの強姦罪は適用されていない。加害者は強姦罪を免れるために肛門を狙ったと供述している。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

強姦罪とは
強姦罪一般
 強姦罪の歴史
 韓国の処罰例
 各国の処罰例
日本法における強姦罪
 定義
 主体
 客体
  客体が13歳未満の女子の場合
 実行行為
  暴行・脅迫
  姦淫
 強姦致死傷罪
  結果的加重犯
  殺意がある場合
 未遂等・強盗強姦罪
 親告罪
 法定刑
 罪数に関する判例
 裁判実務
  裁判実務における問題点
  刑法と判例法理の背景
 近時の改正の動きと立法論
  2004年改正まで
  強姦の定義の見直し
  夫婦間、DVとの関連
  現行法の問題点
 国際的批判
 男性差別
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


ピアス
ビデオパブ
カラフルキッス_〜12コの胸キュン!〜
ニューハーフ童貞狩り
デラエロパラ
常夏みかん
結城マリア
瀬戸ひなた
桧山すず
冴樹高雄

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp