エロペディア
「性具」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■販売規制

性具は、人の体、とくに粘膜等に接触し、製品によっては女性器等の体内に一時的に留置されるものがあることから、日本の薬事法上、医療機器の分類になる。したがって、製造販売には薬事法上の許認可が必要となる。
しかし、現実には医療機器製造販売業・製造業の許可を得ていない事業者が、「玩具」・「ジョークグッズ」等の表現で販売していることが多い。しかし、人の粘膜等への接触が想定されるものを薬事法の許可なく製造販売すれば薬事法違反であるうえ、薬事法で要求されている品質管理が行われていない性具は、品質上の問題を包含していることが多い。

薬事法による販売規制のほかに、公序良俗の観点からも地域条例による規制がある場合があり、業界内で自主規制を設けていることがある。

これらの器具の多くは「いかがわしい物」として、公然とは販売されていない。また購入者も買った事が周囲に知られる事を嫌う者が多いため、価格に不相応な粗悪製品が出回っているのが一般的であった。しかしインターネットが普及し、製品の比較が容易になされるようになり、良心的で品質面に配慮した製品を発売するメーカーも見られるようになってきた。日本では2006年に、グッドデザイン・コンテストに出品しようとした業者もおり、この時は審査段階で強制撤去になったものの、性具メーカーが工業製品としての安全性・信頼性を意識する段階にあることが伺える。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性具とは
販売規制
歴史
女性向け
 ディルド([[張形]])
 肥後ずいき
 バイブレータ
 真空吸入具
男性向け
 オナホール
 ダッチワイフ・ラブドール
 前立腺刺激具
 コックバンド
 勃起補助ポンプ
男女両用
 ラブローション
 アナルグッズ
 うなぎ
 サック
 拘束具
 電気刺激具
 その他
使用上の注意
 電動器具の問題点
 使用に際しての注意
SMプレイでの使用

[5]▲上へ

◆関連ワード


薔薇族かくれんぼ
紅音ほたる
ゲイ向け風俗店
笑福亭鶴光のオールナイトニッポン
後藤沙貴
美穂由紀
水野ひかり
日高ゆりあ
桐島千沙
精巣

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp